正田ゼミ
テーマ:卒業研究(算数)
ゼミの内容について

 初等教育コースの「卒業研究」は、3年の「卒業研究I」4年の「卒業研究Ⅱ」として、2年間一貫してある教科等に関するゼミを行います。そのうちの「算数」です。算数なんて、答えが一通りに決まっているさと思う人が多いかもしれませんが、教え方はさまざま。小学校の6年間の中にも、工夫が必要で、さまざまな意見が盛んに出ている単元もあります。また実際の授業でも先生の工夫が臨機応変にできる教科です。
 2022年度の3年生の一人に注目し、ひとつの事例として報告します。

研究活動の進め方

 来年度新任の先生に指導教員がバトンタッチすることもあって、早目にテーマの仮案(九九の指導)を決めました。このテーマを太い柱にして、それを考えるための手段。先行文献・実践を探す。必要な情報を入手する。実証的な分析をするなら、質問紙の作り方、集計の方法など。仮に決めたテーマに即して具体的に学んでいきます。
 そして、その前にテーマの決め方、論文構成の仕方、頭の中の発想を文章化するための方法や手段も大切な学びです。

学外研修

 算数は、活動をする場所を選ばなくてもよい教科です。しかし、学外研修の機会を利用して、視野を広げたり深めたりすると同時に、発想のリフレッシュをすることも大切なことと思います。
 日本数学教育学会の論文発表会に出かけたり、大阪の小学校で行われている全国規模の授業研究会を見に行ったりしたこともあります。Covid19蔓延防止の観点からしばらく自粛していた学外研修ですが、今年度(2022年度)は、配慮を行って8月下旬に実施することができました。周辺の地域踏査を含め泊りがけで伊能忠敬記念館(千葉県香取市)の見学です。
 50歳までの忠敬の業績を産んだ利根川流域の佐原の地、いまでも「街全体が博物館」のコンセプトで残る昔からの街並み、人々の人情。そして測量の際に使った分度器などの器具。きちんと書かれた三角関数表。実際に行ってみないとわからないものが多くありました。
 また、佐原への学外研修の他にも、日帰りで教科書図書館(江東区)に出かけています。小学校を訪問して授業見学もできました。このような見聞を広め、見識を深めるきっかけを、テーマに直接関係なくとも、卒業研究で提供したいと思っています。

正田ゼミ画像(写真は佐原駅。佐原の街並みの様子がわかりやすく表されています)
卒業研究の特徴

 人数の少ないゼミですから、メンバーの希望に合わせて行うことができます。なるべく良質な、そして豊富な機会を提供したいと思っています。



文学部の情報を探す

学部生の方へ

manaba

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

スポ魂サイト

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2022年03月14日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2021年06月15日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2020年04月02日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
文学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ