HOME

比較法制研究所ニュース

戻る

2017年11月17日

国士舘100周年企画 第2回「東京裁判」シンポジウムを開催しました

本企画は、平成26年11月に開催された第1回「東京裁判」シンポジウムにおけるテーマ「『東京裁判』論を検証することを通して『戦後日本と日本人の精神』の在り方を検討する」を継承し、戦後日本と日本人の精神に多大の影響を与えた占領軍によるWGIP(War Guilt Information Program)に焦点を当てて開催された。

 

占領下の日本で行われたWGIPが、70年を経過した現在でも日本人の精神の在り方に決定的な影響を与えてきたことを、様々な角度から分析、実証し、WGIPの呪縛から日本人の精神を解き放つ方途を探るという趣旨のもと、各講師の講演が展開された。

 

■日時・講師・テーマ: 平成29年11月2日(木)

【午前の部】

10:00~ 篠原 敏雄 (国士舘大学教授) 「東京裁判」論の今日的意義
10:40~ 阿比留 瑠比(産経新聞論説委員兼政治部編集委員) 「東京裁判と現在のマスメディア」
11:20~ 髙橋 史朗 (明星大学特別教授) 「戦後教育の原点・WGIPの検証」

 

【午後の部】
 12:45~ 「学生論文」表彰式
 13:05~ 櫻井 よしこ (ジャーナリスト) 「戦後日本と日本人の意識 -1世紀半前の日本と現在の日本」
 14:05~ 西 修 (駒沢大学名誉教授) 「WGIPと日本国憲法」
 14:45~ 加瀬 英明 (外交評論家) 「大東亜戦争は昭和二十年夏に終わらなかった」
 15:35~ シンポジウム(6名のパネラーによるディスカション)

 

■会場: 国士舘大学世田谷キャンパス34号館B301教室

 

■主催: 国士舘大学 極東国際軍事裁判研究プロジェクト

篠原 敏雄(国士舘大学教授)篠原 敏雄(国士舘大学教授)
阿比留 瑠比 氏(産経新聞社論説委員兼政治部編集委員)阿比留 瑠比 氏(産経新聞社論説委員兼政治部編集委員)
髙橋 史朗 氏(明星大学特別教授)髙橋 史朗 氏(明星大学特別教授)
櫻井 よしこ 氏(ジャーナリスト)櫻井 よしこ 氏(ジャーナリスト)
西 修 氏(駒澤大学名誉教授)西 修 氏(駒澤大学名誉教授)
加瀬 英明 氏(外交評論家)加瀬 英明 氏(外交評論家)
6人のパネラーによるシンポジウム6人のパネラーによるシンポジウム
【学生論文受賞者】左より萩原一樹さん(学長賞:大学生の部)、佐藤圭一学長、福住旺穫さん(学長賞:高校生の部)【学生論文受賞者】左より萩原一樹さん(学長賞:大学生の部)、佐藤圭一学長、福住旺穫さん(学長賞:高校生の部)

法学部の情報を探す

学部生の方へ

manaba

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

スポ魂サイト

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2021年09月14日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2021年01月08日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
法学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ