HOME

お知らせ・トピックス

戻る

2021年07月05日

講演会「日本近代スポーツの父・岸清一物語」を開催しました

本学法学部の福永清貴教授が研究代表を務める「岸清一法律事務所訴訟記録」調査・研究プロジェクト主催の公開講演会「日本近代スポーツの父・岸清一物語」が7月3日、世田谷キャンパス34号館B204教室で開催されました。江戸川大学特任教授の古城庸夫氏による講演に、同時配信したオンラインでの受講者を含め約40人が参加しました。

 

佐藤学長はあいさつで、古城氏の著書である『「幻の東京オリンピック」の夢にかけた男―日本近代スポーツの父・岸清一物語―』の一節を紹介。岸清一の信念と本学建学の精神の共通点を挙げるとともに、国家の歴史を守り、発展させたいというイメージを持っていたであろう岸の人物像を知ることに期待を示しました。


講演では、近代ボート競技の歴史研究者である古城氏が、さまざまな史料を示しながら、ボート競技にまつわるエピソードを紹介。そして、東京帝国大学在学中にボート選手として活躍し、卒業後は弁護士として活躍する傍ら、大日本体育協会第2代会長、日本人として2人目の国際オリンピック委員などの要職に就き、嘉納治五郎らとともに日本スポーツ界の発展に尽力した岸の功績を伝えました。
古城氏は、各種競技の振興や幻となった昭和15年のオリンピック招致活動などを通じて「スポーツやその精神を、国民一般に身近なものとしたことに大きな価値があった」と、岸が日本近代スポーツの父と呼ばれるゆえんを語りました。

 

「岸清一法律事務所」訴訟記録調査・研究プロジェクトでは、本学図書館・情報メディアセンターに保管されている岸清一の貴重な訴訟記録の調査・研究を進めています。訴訟記録発見の経緯やその希少性の高さについては、7月に産経新聞電子版にも取り上げられました。

  • 古城氏の講演の様子古城氏の講演の様子
  • 講演する古城氏講演する古城氏
講演会ポスター講演会ポスター
関連記事
トピックス

法学部の情報を探す

学部生の方へ

manaba

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

スポ魂サイト

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2021年01月08日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
法学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ