HOME

お知らせ・トピックス

戻る

2018年04月13日

『新・東京裁判論 GHQ戦争贖罪計画と戦後日本人の精神』が刊行されました。

 本学法学部付属比較法制研究所が進める極東国際軍事裁判(東京裁判)研究は、平成26年、国士舘創立100周年記念事業の一つとして事業化され、故篠原敏雄法学部教授を委員長とし、あらたに「極東国際軍事裁判研究プロジェクト」として発足。以後、11回にわたる研究会およびシンポジウム開催を経て、このほど、『新・東京裁判論 GHQ戦争贖罪計画と戦後日本人の精神』が刊行されました。本書では、櫻井よしこ氏、阿比留瑠比氏、髙橋史朗氏、西修氏、加瀬英明氏の5人のジャーナリストと本学研究プロジェクトが、東京裁判を解き明かしています。

 

著書は定価:1,300円+税

 

トピックス

法学部の情報を探す

eラーニング

学部生の方へ

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

スポ魂サイト

成績優秀奨学生制度

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2018年08月09日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
法学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ