HOME

2015年11月16日

第2回「東京裁判」研究会を開催しました!

第2回「東京裁判」研究会を開催しました。

 

◆日時 平成27年11月14日(土) 15:00~17:00

◆会場 国士舘大学中央図書館 4階AVホール(入場無料)

◆主催 国士舘大学 極東国際軍事裁判研究プロジェクト

 

論 題 ノーマンと「戦後レジーム」  ―近代日本を暗黒に染め上げた黒幕―

 駐日カナダ大使を務めながら、カイロで命を絶ったハーバート・ノーマンがケンブリッジ時代にMI5から共産主義者と断定されていた。占領下では共産党幹部を釈放させ、日本人法学者を通じ憲法 を制定させ、東京裁判で「悪いのは軍国日本」と自虐史観を植え付けた。現在も中国と韓国の反日プロパガンダは続く。ノーマンこそ日本を暗黒に染めた黒幕ではなかっただろうか―。

 

講 師 岡部 伸 氏(産経新聞社ロンドン支局長)

 1959年生まれ。1981年立教大学卒業後、産経新聞社に入社。東京本社社会部記者として警視庁、国税庁などを担当後、米デューク大学、コロンビア大学大学院に留学。97年~2000年までモスクワ支局長。東京本社編集局編集委員などを経て2015年12月からロンドン支局長。「消えたヤルタ密約緊急電」(新潮選書)で第22回山本七平賞受賞。ほかに「『諜報の神様』と呼ばれた男」(PHP研究所)、共著で『貶める韓国 脅す中国』(産経新聞出版)など。

トピックス

法学部の情報を探す

eラーニング

スポ魂 国士舘大学公式スポーツサイト

成績優秀奨学生制度

学部生の方へ

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

NEW

「コクシル~KOKUSHIL~」は国士舘を知る、濃く知るをコンセプトにしたコミュニティーサイト。キャンパスの魅力や学生&卒業生、話題の先生、学食のおすすめメニューに至るまで、見て、読んで、楽しめるコンテンツをタイムリーに配信していくよ!

2017年10月18日更新

1917年に創立した国士舘は2017年で100周年を迎えました。
卒業生、地域の皆さま、在学生、保護者の皆さま、国士舘にかかわるすべての皆さまへ、100年分の「ありがとう」をお伝えする100年祭を開催します。

2017年04月26日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2016年07月22日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2015年10月27日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
法学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ