大学院案内ガイドブック2020
89/102

グローバルアジア研究科87カリキュラムグローバルアジア専攻修士課程授業科目担当教員共通科目グローバルアジア演習Ⅰ~Ⅳ、A・B青柳  寛小口 和美小口 裕通河先 俊子栗原 通世邢  志強榊原 一也佐藤 研一高橋 伸子竹村 英二陳   慧土佐 昌樹中山 雅之山田 尚史グローバルアジア論(必修)オムニバスリサーチデザイン(必修)土佐 昌樹山田 尚史(オムニバス)アジア関係論A社・公アジア関係論B田中 哲二社・地異文化コミュニケーションヤニス・ミヘルチッチ異文化コミュニケーション佐藤 研一文化政策青柳  寛土佐 昌樹(オムニバス)社・公グローバル化と日本語教育邢  志強グローバル化と文明史佐藤 研一社・地文化遺産と地域—グローバルコミュニケーション論藤田  淳グローバル化と社会R. カイム社・地グローバルアジア特別研究1~4各演習担当教員ビジネスコミュニケーション分野グローバルビジネス研究榊原 一也社・公グローバル経済研究社・公ビジネスコミュニケーション研究高橋 伸子アカウンティング研究高橋 伸子社・公ファイナンス研究アジア地域経済研究A社・公アジア地域経済研究B社・公アジア地域経済研究Cマーケティング研究山田 尚史ビジネスマネジメント研究中山 雅之グローバル経営史研究竹村 英二社・地消費文化研究佐藤 研一ビジネス情報研究陳   慧地域文化研究A・B青柳  寛土佐 昌樹地域文化研究C・Dビジネスコミュニケーション実習A奥村まゆみビジネスコミュニケーション実習B氏家佐江子ビジネスコミュニケーション実習C董  光哲ビジネスコミュニケーション実習D榊原 一也高橋 伸子中山 雅之(オムニバス)フィールド実習A各演習担当教員フィールド実習B各演習担当教員地域文化研究実習Ⅰ・Ⅱ土佐 昌樹表の備考欄に「社」印が付された授業科目は中学校教諭専修免許状の(社会)を、また、「公」は高等学校教諭専修免許状(公民)、「地」は高等学校教諭専修免許状(地理歴史)を取得する場合に必要な科目です。なお、それぞれの区分より24単位以上の修得が必要です。授業科目担当教員ビジネスコミュニケーション分野アジア地域・ビジネス特論A董  光哲社・公アジア地域・ビジネス特論B田中 哲二社・公アジア地域・ビジネス特論C田中 哲二社・公アジアビジネス法特論Aアジアビジネス法特論Bアジアビジネス法特論Cアジア税務・会計制度特論A社・公アジア税務・会計制度特論B社・公アジア税務・会計制度特論C社・公地域文化研究特論A青柳  寛地域文化研究特論B濱田 英作国際日本語教育分野日本語教育学研究Ⅰ河先 俊子栗原 通世邢  志強(オムニバス)日本語教育学研究Ⅱ中上 亜樹日本語教育教授法研究Ⅰ河先 俊子日本語教育教授法研究Ⅱ栗原 通世対象言語研究邢  志強日本語教育実習1・2河先 俊子栗原 通世邢  志強日本語教育特論沖森 卓也文化遺産学分野文化遺産研究A小口 和美社・地文化遺産研究B社・地文化遺産研究C社・地文化遺産研究D社・地西アジア考古学研究小口 和美社・地メソポタミア考古学研究A小口 裕通社・地メソポタミア考古学研究B小口 裕通社・地メソポタミア考古学研究C社・地文化遺産フィールド演習Ⅰ・Ⅱ小口 和美小口 裕通社・地文化遺産特論A小口 和美文化遺産特論B西アジア史特論社・地メソポタミア史特論A小口 裕通社・地メソポタミア史特論B小口 裕通社・地下記は、令和2年度における予定開講科目です。令和2年度においては開講科目、担当教員共に変更となる場合があります。

元のページ  ../index.html#89

このブックを見る