大学院案内ガイドブック2020
73/102

Teacher introduction教員紹介スポーツ・システム研究科担当科目については、主な科目を掲載しています。その他の担当科目については、開講予定科目一覧表を参照してください。*印は博士課程を兼ねて担当している教員を表します。増本 達哉 MASUMOTO Tatsuya担当科目/スポーツコンディショニング特論主な経歴・国立霞ヶ丘競技場トレーニングセンター指導員・国立スポーツ科学センター非常勤研究員・明治大学ラグビー部ストレングス&コンディショニングコーチ・文教大学教育学部、国際学部非常勤講師・国士舘大学体育学部准教授主な著書・論文・トレーニングルームにおけるトレーニング指導の現状~東京都、大阪府の公共スポーツ施設を事例として~(単著)早稲田大学,2010・大学ラグビー選手におけるストレングス&コンディショニングトレーニング(単著)NSCAジャパンストレングス&コンディショニングジャーナルVolume19,Number9.pp.10-17,2012 教養体育におけるe ラーニング教材の効果(共著)文教大学国際学部紀要第24巻1号pp.53-61,2013・ルール改正が大学バスケットボールの試合時におけるショットに及ぼす影響について(共著)国士舘大学体育・スポーツ科学研究第15号pp.39-45,2015、文教大学湘南校舎学生のスポーツ経験と意識(共著)文教大学国際学部紀要第28巻2号pp.143-155, 2018研究テーマ大学生アスリートにおけるストレングス&コンディショニングトレーニングMessage基礎的な知識、教養に加えより専門性の高い学びを修得して、スポーツ分野で活躍する人達のための教育者、指導者をめざして頑張りましょう!森脇 保彦 MORIWAKI Yasuhiko担当科目/競技スポーツコーチング特論・実習Ⅰ,Ⅱ1975年国士舘大学体育学部体育学科卒業後、国士舘大学体育学部助手として奉職、1984年講師、1993年助教授、2002年より教授、現在に至る。武道論十五講「不昧堂」、柔道の応用心理学的研究・柔道に対するイメージ調査の検討(国士舘大学武道徳育研究所紀要第22号) Fundamental Physical Fitness in Female College Judoists(国士舘大学体育研究所報第19巻) Comparative Research into Images of Judo Maintained by Japanese and Koreans(応用心理学研究第33巻)研究テーマ武道(柔道)のイメージ調査から、武道の社会的役割(障害者武道)(学校体育場面)、改善点等の検討を行う。柔道の基本動作が身体機能に及ぼす効果と結果についてMessage柔道は世界200ヶ国以上で親しまれるオリンピック種目となった。同時に勝利至上主義が台頭し、嘉納師範が説く「柔道は心身の力を最も有効に使用する道である」という武道の理論が消えて来た。相手に怪我をさせない投げ方「残身」について検討を行う。主な経歴主な著書・論文スポーツ・システム研究科71講義担当教員

元のページ  ../index.html#73

このブックを見る