大学院案内ガイドブック2020
70/102

Teacher introduction教員紹介スポーツ・システム研究科担当科目については、主な科目を掲載しています。その他の担当科目については、開講予定科目一覧表を参照してください。*印は博士課程を兼ねて担当している教員を表します。永吉 英記NAGAYOSHI Hideki担当科目/スポーツレクリエーション特論主な経歴1999年山梨大学大学院 教育学研究科修士課程修了、2001年国士舘大学大学院 スポーツ・システム研究科助手、2008年多摩市教育委員会、2010年国士舘大学 体育学部 こどもスポーツ教育学科 講師、2013 年国士舘大学 体育学部 こどもスポーツ教育学科 准教授、現在に至る。主な著書・論文「幼児キャンプ -森の体験-」(春風社、2001年)、「体育・スポーツ系大学生のための論文・レポートの書き方」(アイ・オー・エム、2003年)、「キャンプ指導者入門」(社団法人日本キャンプ協会、2006年)、「北方圏における生涯スポーツ社会の構築」(響文社、2010年)、「冒険教育の理論と実践」(杏林書院、2014年)研究テーマ野外活動と心身の健康、野外教育の教育的効果、野外教育の指導法、学校教育と野外教育、などMessage自然・人・社会について、多面的・多角的な見方が出来るようになることは、研究を進めていく時、研究を実社会で活かしていく時には重要になってきます。講義では、野外レクリエーションに焦点を当て進めていきます。この講義での学びを通じて、自然と人と社会の関係理解を深め、様々な課題・問題点等も明らかにして、それぞれの研究に活かしてもらいたい。田口 康之 TAGUTI Yasuyuki担当科目/体育科教職特論東京都公立中学校教諭、東京都教育委員会指導主事、西東京市立保谷中学校長、日野市教育委員会教育部参事、東京都教育庁人事部主任管理主事、武蔵野市立第六中学校長、国士舘大体育学部体育学科教授H4年 図書文化「中学校保健体育科「観点別学習状況の評価規準」」H14年 図書文化 新学習指導要領準拠「中学校保健体育科「観点別学習状況の評価規準」」H22年 教育開発者 中学校「新指導要録」の記入文例集研究テーマ教員養成及び教員のリカレント教育についてMessage将来の教師を目指す者に教職について深い理解と教職の高い専門性と学校の現状や生徒理解を学び、指導力や授業及び対応力を育成することを目指す。主な経歴主な著書・論文68講義担当教員

元のページ  ../index.html#70

このブックを見る