まちづくり学系
      [安全・安心で生き生きと暮らせる「まち」のデザイン]
(2014年4月より名称変更)
[ 旧:都市ランドスケープ学系 ]
Civil Engineering and Urban Design Course


KEY WORD 公共空間デザイン 河川環境デザイン 構造物デザイン コミュニティ
地域活性化 高齢化社会 都市の持続可能性 都市再生

まちづくり学系とは  多くの人が暮らす都市から自然豊かな農山漁村まで、そこに住む人々が安全・安心で生き生きと暮らせる「まち」を創造するための計画・デザインの知識や技術を学ぶ学系です。
 「まち」の将来構想から運営を担う公務員、魅力ある環境や空間の計画・デザインをおこなう設計会社、地域の賑わいやコミュニティづくりを担うNPO、実際の空間づくりを担う建設会社など、まちづくりの幅広い分野で将来活躍することができます。

「まちづくりの対象領域」
 まちづくりは、地域の自然環境や歴史文化、まちの成り立ちや人々の生活スタイルといった地域の特性を総合的に考え、まちの将来像を提案し、それに向けた空間づくりやコミュニティづくりを進めていく仕事です。学系の学生の設計作品を例に、まちづくりの対象領域について説明します。

学びの特色  下記の4つの柱により、まちづくりに関する基本的な知識や技術を学ぶと同時に、それを応用したデザイン力とプレゼンテーション力を身につけたこれからのまちづくりを担う人材を育成します。

Point
1
 自ら考えデザインする力の修得 Point
2
 講義+演習による構造系科目の修得
 まちを調査するフィールド演習、具体的な場所のデザイン設計演習、模擬住民ワークショップ、まちづくり先進都市である世田谷区の事例研究など、自ら考え手を動かすことで、まちづくりの実践力を身につけます。  実際の社会基盤施設の計画・設計においても、公務員試験を始めとする就職試験においても重要となる構造系の科目では、講義と演習を組み合わせ、より多くの問題を解くことで必要な設計能力を身につけます。
Point
3
 まちづくりの先進技術の習得 Point
4
 少人数制による教育体制
 高齢化社会に向けた福祉交通システム、癒し効果を取り入れた水辺空間、子育て支援にも繋がるまちの居場所づくり、社会基盤施設の維持管理方法など、今後のまちづくりにおける先進技術も身につけます。  きめ細やかな教育と活発な議論ができるよう初年度から専任教員が学生を少人数のグループで担当する科目を設けています。また3年生から研究室に所属するため就職後も付き合いが続く研究室が魅力です。

研究と教育
「研究分野の紹介」
空間デザイン分野
 ・ 集落の空間構成に関する研究
 ・ 風景イメージに関する研究
 ・ 公共空間のデザインに関する研究 など
河川環境デザイン分野
 ・ 川の癒し効果に関する研究
 ・ 都市河川の流域水循環の再生に関する研究
 ・ 川の流れの特性に関する研究 など
都市計画分野
 ・ コミュニティの形成に関する研究
 ・ 都市の歴史的変遷に関する研究
 ・ 子育て環境整備に関する研究 など
交通システム分野
 ・ 福祉交通システムに関する研究
 ・ 道路や鉄道の計画思想に関する研究
 ・ 歩行者ネットワークに関する研究 など
構造デザイン分野
 ・ 構造物の部材特性に関する研究
 ・ 構造物の安全性評価に関する研究
 ・ 構造物のデザインに関する研究 など
地盤防災分野
 ・ 埋立地盤の液状化に関する研究
 ・ 廃棄物の有効利用に関する研究
 ・ 地すべり災害に関する研究 など

「学生生活のひとコマ」

主な進路(就職先・進学先)   取得可能な資格
就職:
官公庁…足立区役所、世田谷区役所、新宿区役所、富山市役所、新潟市役所、川口市役所、 三郷市役所、秦野市役所、北海道警察、神奈川県警など
建設会社…清水建設、フジタ、鉄建建設、本間組、前田建設工業、淺沼組、竹中道路、カンドーなど
建設コンサルタンツ…いであ株式会社、石勝エクステリア、JR総研エンジニアリング、 川崎地質、朝日設計、東京技工など
鉄道…JR東日本、JR西日本、小田急電鉄など
不動産・ハウスメーカー…スターツ、住友不動産販売、東建コーポレーション、レオパレス21、 タマホームなど
金融・サービス…セコム、三菱UFJ証券、セントラル警備保障、日本生命保険相互会社など

進学 : 首都大東京大学院、中央大学大学院、国士舘大学大学院など
 
測量士補、技術士第一次試験
中学校教諭一種免許状 数学/理科
高等学校教諭一種免許状 数学/理科

取得支援している資格
(卒業後実務経験により取得または受験可能)

技術士、ランドスケープアーキテクト(RLA)、ビオトープ管理士、環境管理士、測量士、造園施工管理技士、土木施工管理技士、コンクリート技士、土地家屋調査士、土地区画整理士

先輩からひとこと

石田 麻由美さん
2005年度入学
世田谷区役所勤務
「安心・安全なまちづくりに取り組んでいます」
 私は、もともとまちづくりに興味があり、この学系に進学しました。大学では都市河川研究室に所属し、都市における水辺の重要さを学びました。多くの仲間や、研究に関する方にお会いできたことが、とても良い経験となりました。現在は、世田谷区役所に勤務し、安心で安全なまちづくりに取り組んでいます。

安田 尚央さん
2007年度入学
いであ株式会社勤務
「水辺を中心にしたまちづくりに取り組んでいます」」
 私はまちづくりや空間デザインを学ぶ研究室に所属し、地域の生活や伝統技術について研究してきました。研究や設計競技を通してたくさんの集落や美しい風景と出会い、まちづくりに携わる上で大切なことを学びました。この経験を活かし、魅力あるまちづくりに関わっていきたいと考えています。