スポ魂 - SPOKON
2019 10

国士舘大学

Facebook Twitter
一番最後のページヘ国士舘のスポーツマンシップ 一番最後のページヘ学生専用ページ

KOKUSHIKAN SPORTS

KOKUSHIKAN SPORTS

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイト

NEWS

2018年08月27日

十種競技・右代選手が2大会連続の金メダル/やり投げでは男女ともに入賞 ジャカルタ・アジア大会

陸上競技部

 ジャカルタ・アジア大会の男子十種競技が8月25日、26日の2日間にわたって開催され、右代啓祐選手(本学体育学部講師)が見事優勝し、金メダルに輝きました。
 右代選手は2014年の仁川大会に続いての金メダル獲得で、これによりアジア大会2連覇という偉業を成し遂げました。

 

 また、男子やり投げでは新井涼平選手が7位入賞、女子やり投げでは斉藤真理菜選手が4位入賞を果たしました。

 

 


◆男子 十種競技
 右代啓祐選手(体育学部講師)
 結果:優勝

 

・競技結果
 【競技名】記録/得点


---1日目---
【100m】11.39 (2/h2) +1.5m/s /776pt
【走幅跳】7.09(7/A) +0.1m/s /835pt
【砲丸投】14.49 (1/A) /758pt
【走高跳】1.97 (2/A) /776pt
【400m】50.29 (3/h1) /801pt
 1日目終了時:4位


---2日目---
【110mH】15.09 (4/h1) -0.8m/s /839pt
【円盤投】45.37 (1/A) /774pt
【棒高跳】4.90 (1/A) /880pt
【やり投】63.07 (1/A) /784pt
【1500m】4:44.11 (3/h1) /655pt
 2日目終了時:1位

 

合計得点:7878点

 

 

 

◆男子やり投げ
 新井涼平選手(2014年 体育学部卒)
 記録:75m24
 結果:7位


◆女子やり投げ
 斉藤真理菜選手(2018年 体育学部卒)
 記録:56m46
 結果:4位

 


詳細は下記のホームページをご確認ください。
「日本オリンピック委員会(JOC)公式サイト」https://www.joc.or.jp/

 

アジア大会連覇という快挙を達成した右代啓祐選手(左)アジア大会連覇という快挙を達成した右代啓祐選手(左)
日の丸を掲げ、笑顔で観客に応える右代選手日の丸を掲げ、笑顔で観客に応える右代選手

CLUB LIST