大学ホームページ


グローバルナビゲーション


現在閲覧中のページ

ホーム > 国士舘の歴史トップ


ここから本文です

国士舘の歴史

国士舘史資料室 室長 佐々博雄






1917(大正6)年、創立者柴田德次郎をはじめとする青年有志が集まり、「活学を講ず」の宣言とともに東京麻布区笄町(現港区南青山)に私塾「國士館」を創立しました。
人間形成を重んじる教育をうたい、国家社会のリーダーたる「国士」の養成を目的とする国士舘は、1919(大正8)年に現在の世田谷へ移転。以降、中学校・商業学校・専門学校・高等拓植学校・高等拓殖学校などを創設し、戦後は1948(昭和23)年に高等学校、1953(昭和28)年に短期大学を設置、1958(昭和33)年には大学を設置し体育学部を開設。現在までに6学部を増設して7学部となり(短期大学は2003年に廃止)、大学院は1965(昭和40)年より研究科を開設、現在10研究科を擁する総合大学として発展しています。

国士舘を支えた人々

国士舘を支援し、発展に寄与した人々の一端を紹介します。

国士舘事典

国士舘にまつわる用語集。



ローカルナビゲーション

国士舘の歴史


バナーエリア