公開講座H30秋
18/60

無料語学歴史芸術健康水泳・水中運動ゴルフ教養16国士舘大学 公開講座 平成30年度 秋期褚遂良は唐代初期の傑出した能書で、また文章・学問に精通し、とりわけ楷書碑にすぐれたものがあり、「伊闕仏龕碑」「孟法師碑」「雁塔聖教序」が有名です。魏徴の推挙で太宗の侍書になり、古い書跡とりわけ王羲之の書の鑑別に当たったことでも知られています。そのことも褚遂良の書に王羲之書法が認められる要因になっていると考えられます。今回は名高い楷書碑の中から「孟法師碑」を取り上げます。以前取り上げた「雁塔聖教序」とは、また一味違った書風・書法が見られ、秋期はそのすぐれた褚遂良書法を学びます。名筆に学ぶ書道実技(漢字) 褚遂良の孟法師碑から楷書書法を学ぶ開講日 土曜日 10月6・13・20・27日、11月17・24日、12月1・8・15・22日、1月12・26日、2月9・16・23日(全15回) 時 間 9:00〜11:00 定 員 15名 受講料 37,500円会 場 世田谷キャンパス 10号館1階 10104教室(書道実習室)1101世田谷細ほそがい貝 宗そうこう弘講 師No.3●使用テキスト:中国法書選33:孟法師碑[唐・褚遂良/楷書]、二玄社、¥1,728 テキストは各自ご用意ください。●ご自分で用意するもの:書道用具一式講座番号※対象は「中級」程度です。楷書の名筆による書法を学びたい方は歓迎いたします。伝藤原行成筆「針切」は「相模集」および源重しげ之ゆき(~1000ごろ)の子の僧の家集を書写したもので、もとの形態は冊子本です。「針切」の名称は線が細くて直線的であり、鋭鋒が露出し、まるみが少ないため、ちょうど針のように見えることからきています。一筆で和歌一首を書き、また数文字を一字のように書き流しています。奔放自在に書いた流動美豊かな表現は魅力があります。秋期は「針切」の流動美豊かな表現技法を学びます。下記の頁の断簡から任意に選んで学びます。[4〜6、8、10・11、13、17〜26、29頁の断簡]名筆に学ぶ書道実技(仮名) 伝藤原行成筆針切の表現技法を学ぶ開講日 土曜日 10月6・13・20・27日、11月17・24日、12月1・8・15・22日、1月12・26日、2月9・16・23日(全15回) 時 間 11:10〜13:10 定 員 15名 受講料 37,500円会 場 世田谷キャンパス 10号館1階 10104教室(書道実習室)1102講座番号世田谷細ほそがい貝 宗そうこう弘講 師No.3●使用テキスト:日本名筆選25:針切・和泉式部続集切[伝藤原行成筆]、二玄社、¥3,024 テキストは各自ご用意ください。●ご自分で用意するもの:書道用具一式※対象は「中級」~「上級」です。【新たに受講を希望される方へ】平安時代の仮名古筆の臨書経験のある方が望ましいですが、経験のない方でも興味のある方は歓迎いたします。

元のページ  ../index.html#18

このブックを見る