大学教員募集

2017年11月28日

学部教員募集(理工学部理工学科・熱力学分野)

学部教員公募要項
1.募集人員

1名

2.所属学部

理工学部 理工学科

3.任用職名

任期付専任教員(教授、准教授または専任講師)

4.採用期間

3年以内(契約による)

(任期満了後の取扱事項)

3年の契約終了後の専任教員への採用:実績により専任教員(無期雇用)へ任用されます。

専任教員に採用された場合、3年間の任期付期間の実績は専任期間へ算入されます。

5.担当分野及び科目

分野:熱力学、熱工学、エネルギー工学、伝熱工学分野。もしくは自然利用技術、環境技術など関連する革新的技術分野。

 

担当科目:熱力学、設計製図、PBL学習、実験実習に係わる科目など。PBL教育では、専門領域の教育に際し、設計やものづくりに関する実習と融合的に学生を指導できることが望ましい。

6.応募資格・条件等

(1)上記分野の研究実績を有し、上記の担当科目について教授可能な方。大学院研究指導もしくは研究指導補助ができる方が望ましい。

(2)本学が推進するPBL教育について熱心に取り組んでいただける方。

(3)博士の学位を有するか、着任時までに確実に取得の見込みであること。

(4)業務内容は、教育、研究、 学部・学系運営等に関わる職務とする。

7.採用予定日

平成31年(2019年)4月1日

8.選考方法

書類による第一次選考の後、プレゼンテーション、模擬授業と面接による第二次選考を行い、教授会の審議を経て本学校法人の役員による面接を行います。

9.提出書類

(1)教員履歴書(本学指定様式、写真貼付のこと)

(2)教育研究業績書(本学指定様式2-1(著書・学術論文等)、2-2(芸術・体育・その他)、2-3(学会及び社会における活動等)

※「著書・学術論文等」は、査読付き論文、国際会議論文(プロシーディングス)、学術雑誌における報文(解説)、著書、学会講演論文等、区別すること。「その他」には、受賞および特許についての記載も含めること。実務経験がある場合は「社会における活動」に業務経歴の詳細を記載すること。

(3)原著論文の別刷りまたはコピー(主要論文5編程度)

(4)各種競争的研究資金の取得状況(代表と分担を区別すること)

(5)これまでの研究の概要と着任後の研究の展望(1000字~2000字程度)

(6)本学における教育研究についての抱負(1000字程度)

(7)推薦状もしくは応募者について照会できる方の連絡先(2名以上の推薦者もしくは照会先)

 

※(1)と(2)に関しては、本学指定の様式を下記よりダウンロードして使用してください。それ以外の、特に様式の指定のない書類の大きさは全てA4サイズとし、全ての提出書類を一つのファイルに綴じて提出してください。

10.応募締切

平成30年6月4日(月)(応募書類郵送必着)

11.応募書類提出先

〒154-8515 東京都世田谷区世田谷4-28-1

国士舘大学理工学部機械工学系教授 大橋隆弘

※封筒の表に「機械工学系熱力学分野教員応募書類」と朱書きし、書留便にて送付してください。原則として応募書類は返却いたしません。

12.問い合わせ先

〒154-8515 東京都世田谷区世田谷4-28-1

国士舘大学理工学部機械工学系教授 大橋隆弘

TEL.03-5481-3260

E-mail:tohashi@kokushikan.ac.jp

本学指定様式
採用情報

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2018年04月02日更新

国士舘大学のスポーツ情報オフィシャルサイト!

2018年04月01日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2018年03月31日更新

国士舘大学は2017年に創立100周年を迎えました。創立100周年事業サイトでは事業の概要や募金についてのお願いについて掲載しています。

2017年04月01日更新

コクシバが大学の様子を写真で紹介するよ。
真冬の箱根を熱風が駆け抜けた!100周年イヤーの「箱根駅伝」。

2017年01月16日更新

前へ
次へ
国士舘の魅力を紹介します。

ページの先頭へ