お知らせ

スポーツに関するお知らせ

戻る

2018年07月18日

剣道・全日本学生選手権優勝の矢野選手らが報告に訪れました

 

全日本学生剣道選手権大会で優勝した矢野貴之選手(体4年)らが、7月13日に世田谷キャンパスを訪れ、大澤英雄理事長と佐藤圭一学長に報告しました。

報告に訪れたのは、初優勝を飾った矢野選手、準優勝の福居義久選手(同3年)、女子3位入賞を果たした井手璃華子選手(同4年)と、氏家道男部長、武井幸二男子監督、久保優樹女子監督、元剣道部長である矢野博志氏の7人。

 

大澤理事長は「よくやった。おめでとう」とたたえた後、選手たちと和やかに歓談しました。

矢野選手は、本学剣道部監督として名選手を育てた祖父・博志氏、35回大会準優勝の父・雅之氏という背景を持つ中での今回の優勝。「優勝が決まった時は、うれしいというよりもほっとしました」と矢野選手が率直な思いを伝えると、自然と話は国士舘剣道部の伝統に及びました。大澤理事長は「これからも、国士舘という看板を背負ってしっかり頑張ってほしい」と3人を激励し、固い握手を交わしました。

 

その後、一行は学長室を訪れ、佐藤圭一学長に報告しました。

佐藤学長は「皆さんは本学の誇りであり名声を高めてくれた」と3人をたたえ「同門対決で敗れた福居選手はもう一年あるので引き続きがんばってほしい」と激励しました。

 

氏家部長は、「男子の決勝は国士舘らしい基本に忠実な剣道でいい試合をしてくれた」と振り返りながら、「卒業してから本当の剣道が始まる。井手選手も含めいずれも伸びしろのある選手であり、さらに高みを目指してほしい」と期待を寄せました。矢野博志氏は「観客席で涙がこぼれた。素直にうれしい」と手放しで孫の躍進を喜んでいました。

終始和やかに歓談する選手ら終始和やかに歓談する選手ら
左から久保優樹女子監督、武井幸二男子監督、矢野博志元剣道部長、福居義久選手、大澤英雄理事長、矢野貴之選手、井手璃華子選手、氏家道男部長左から久保優樹女子監督、武井幸二男子監督、矢野博志元剣道部長、福居義久選手、大澤英雄理事長、矢野貴之選手、井手璃華子選手、氏家道男部長
賞状を手にする3選手と、佐藤圭一学長賞状を手にする3選手と、佐藤圭一学長
お知らせ

NEW

国士舘大学のスポーツ情報オフィシャルサイトです。駅伝、野球、柔道といったクラブ紹介をはじめ、試合日程や結果など、最新の活動状況を随時配信しています。

2018年12月10日更新

NEW

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2018年11月28日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2018年10月29日更新

国士舘の広報犬「KOKUSHIBA」の紹介ページです。ぜひ見て欲しいワンっ!

2018年05月01日更新

国士舘大学は2017年に創立100周年を迎えました。創立100周年記念事業サイトでは事業の概要や国士舘のあゆみを紹介しています。

2018年04月17日更新

前へ
次へ
国士舘の魅力を紹介します。

ページの先頭へ