お知らせ

スポーツに関するお知らせ

戻る

2016年12月20日

多摩キャンパスで「箱根駅伝」壮行会を開催しました

12月17日、第93回箱根駅伝(東京箱根間往復大学駅伝競走)に出場する本学陸上競技部(駅伝男子)の壮行会が多摩キャンパス陸上競技場で行われ、陸上競技部と同部後援会、本学関係者ら約150人が参加しました。

 

壮行会では、まず大澤英雄理事長が「皆さんは、この緊張感が好きだからここにいるはず。勝ちたいと思うならレースを楽しめるわけはなく、『負けて悔いなし』の言葉はありえない。大いに緊張しつつもベストタイムを狙ってほしい」と選手たちを鼓舞しました。

佐藤圭一学長は「国士舘100周年の幕開けにふさわしい勇気と感動と希望に満ちあふれる走りに期待している」と励ましの言葉を送りました。

添田正美駅伝監督は「たすきを繋ぐことがシード権獲得へのへの第一歩だと考えている。チーム一丸となって全力で立ち向かう」と決意を述べ、ジェームスムワンギコーチは「各選手がどんどん良い走りになっている。実力が発揮できるよう精一杯サポートしていく」と順調な調整ぶりを披露しました。

石井秀昂主将は「まずはチーム全員でたすきをつなぐこと。他校のエースたちと戦い、チームの流れをしっかり作りたい。多くの支援に応えられるよう感謝の気持ちを込めて走る」と意気込みを語りました。

 

その後、エントリー選手16人が添田監督から紹介され、大きな拍手が送られました。壮行会後は、メイプルセンチュリーセンター多摩の教室に会場を移して報道各社向けに記者会見を開催し、各選手らは取材に応じていました。

  • 選手らを激励する大澤理事長選手らを激励する大澤理事長
  • 100周年に寄せて期待を述べる佐藤学長100周年に寄せて期待を述べる佐藤学長
  • 温かい励ましの言葉を送る陸上競技部後援会の山形修身会長温かい励ましの言葉を送る陸上競技部後援会の山形修身会長
  • 記者会見する添田監督記者会見する添田監督
  • ムワンギコーチムワンギコーチ
  • 抱負を述べる石井主将抱負を述べる石井主将
  • グラウンドで撮影に応じる選手らグラウンドで撮影に応じる選手ら
お知らせ

1917年に創立した国士舘は2017年で100周年を迎えました。
卒業生、地域の皆さま、在学生、保護者の皆さま、国士舘にかかわるすべての皆さまへ、100年分の「ありがとう」をお伝えする100年祭を開催します。

2017年04月26日更新

学生参加型のフリーマガジン「ウゴパン」。今回の特集は、『貧乏スパイラルから抜け出す鍵は?アラハタ世代のお財布事情』

2017年04月06日更新

国士舘大学は2017年に創立100周年を迎えました。創立100周年事業サイトでは事業の概要や募金についてのお願いについて掲載しています。

2017年04月01日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2017年04月01日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2017年04月01日更新

コクシバが大学の様子を写真で紹介するよ。
真冬の箱根を熱風が駆け抜けた!100周年イヤーの「箱根駅伝」。

2017年01月16日更新

前へ
次へ
国士舘の魅力を紹介します。

ページの先頭へ