大学案内

法学部の教育研究上の目的と3つのポリシー

戻る

教育研究上の目的

法学部は、建学の精神に基づき、法学を通じて豊かな人間性を確立し、主体的に個人の徳性の修養に取り組ませ、国家・社会に貢献する人材を育成することを目指している。
変わりゆく時代の要請に応えるために、学生が、公共の精神を養い、基礎知識および識見を身につけた健全な社会人、とりわけ専門の法知識およびリーガルマインド(法的思考力)を備えた職業人となるための教育を行う。

入学者受入の方針(アドミッション・ポリシー)

法学部では、法学を通じて豊かな人間性を確立し、主体的に個人の徳性の修養に取り組み、国や社会に貢献することを目指す人材を求めています。

  1. 国語、外国語、地理歴史、公民など、高等学校等で学習する範囲の知識を有し、それらの基本的内容を理解している。
  2. 社会の諸問題を理解し、さまざまな立場から考えることができる。
  3. 法にかかわる諸問題について関心をもち、その原因を追究していこうという意欲を有している。
  4. 社会の諸問題を発見し理解するため、積極的に学修に取り組むことができる。
  5. 自分が考えたことを、他者に対してわかりやすく表現することができる。

教育課程編成・実施の方針(カリキュラム・ポリシー)

  1. 基礎科目として憲法・民法・刑法、契約法・企業法等を設け、その他多彩な応用科目を配置しているため、各学科の目標に対応した専門科目を履修することができる。
  2. 各学科の基礎となる入門科目を学習したうえで、専門応用科目を段階的に履修することができる。それぞれの専門分野ごとに、体系的に履修科目を配置している。
  3. 基礎となる講義・演習(ゼミ)科目は必修とし、応用科目は選択科目としている。演習(ゼミ)制度は、創設以来必修として、少人数による対話(報告・発表・討論) 教育を行っている。
  4. 各学年ごとに、無理のない効果的な学習ができるように履修上限単位を設けている。
  5. シラバスに示した成績評価の判断基準を厳格に適用している。また、基礎科目は履修しやすい時間帯に配当している。資格試験や公務員試験を目指す人のために法研指導という資格対応科目を設けている。
 

学位授与の方針(ディプロマ・ポリシー)

  1. [知識・理解]法律学に関する基本的知識を習得している。
  2. [思考・判断]法的諸問題を理解して課題を発見し、論理的に分析し考察する力を身につけている。
  3. [関心・意欲]社会に生起する法的諸問題を自らのこととして捉え、積極的な関心を持ち続けることができる。
  4. [態度]自主的な学習を通じて、社会人としての自覚を持ち責任を果たすことができる。
  5. [技能・表現]法的諸問題の解決に必要な情報を収集・分析・検討・整理・統合する力を身につけている。
    自らの思考・判断のプロセスを明確に説明し、文章で表現する力を修得している。

100年祭

KOKUSHIBA

コクシル

100周年記念事業

大学要覧2017

大学案内デジタルパンフレット

国士舘大学 図書館・情報メディアセンター

NEW

「コクシル~KOKUSHIL~」は国士舘を知る、濃く知るをコンセプトにしたコミュニティーサイト。キャンパスの魅力や学生&卒業生、話題の先生、学食のおすすめメニューに至るまで、見て、読んで、楽しめるコンテンツをタイムリーに配信していくよ!

2017年09月19日更新

NEW

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2017年09月08日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2017年08月25日更新

国士舘の広報犬「KOKUSHIBA」の紹介ページです。ぜひ見て欲しいワンっ!

2017年08月07日更新

国士舘大学のスポーツ情報オフィシャルサイト!

2017年07月05日更新

学生参加型のフリーマガジン「ウゴパン」。今回の特集は、『資格の取り方&生かし方を考える!資格ってどうなの?』

2017年06月29日更新

1917年に創立した国士舘は2017年で100周年を迎えました。
卒業生、地域の皆さま、在学生、保護者の皆さま、国士舘にかかわるすべての皆さまへ、100年分の「ありがとう」をお伝えする100年祭を開催します。

2017年04月26日更新

国士舘大学は2017年に創立100周年を迎えました。創立100周年事業サイトでは事業の概要や募金についてのお願いについて掲載しています。

2017年04月01日更新

コクシバが大学の様子を写真で紹介するよ。
真冬の箱根を熱風が駆け抜けた!100周年イヤーの「箱根駅伝」。

2017年01月16日更新

前へ
次へ
国士舘の魅力を紹介します。

ページの先頭へ