専攻紹介

専攻主任メッセージ

戻る
「東洋史学専攻」では何を学ぶか

歴史学は、史料解釈の学問です。従って、新しい史料の発見や、今までとは違う、より妥当な史料の読み方によって、修正される可能性を持っています。この歴史学は、日本史学・東洋史学・西洋史学の三つの研究領域から構成されています(現在の高等学校の歴史教育では、東洋史学と西洋史学をあわせる形で「世界史」という科目が設定されています)。そのなかで中国や朝鮮半島をはじめとする東アジアを中心にアジアの歴史を研究するのが「東洋史学」です。本専攻では、多様な価値観・文化を有する、広大な東洋の歴史諸相に関して学ぶことができます。

「東洋史学専攻」で何が培うことができるか

歴史の史料を読み込むことは、日常における情報の分析に通じます。日々さまざまな情報に接する社会に我々は生きていますが、当然その情報にはウソとホントの両方が混在しています。歴史の史料もそれと同様で、相反する内容を持った記事が、多く存在しています。そういったものの真偽を色々な材料を使って多面的に考え、隠れていた事実を明らかにすること。これが歴史学の根本です。本専攻では、その能力を自ら身につけることができます。

「東洋史学」の特徴

古代から近代に至るまで、東アジアでは漢文を公式・共通のツールとしたコミュニケーションが行われていました。つまり、漢文を読解することを通じて、異なる幾つもの顔を持つ東洋諸地域の歴史的関係や個々の地域の歴史的特色が研究可能なのです。本専攻では、初心者からでも無理なく修得できる漢文教育や、東洋に関する基礎的な教養を学ぶことを通じて、より質的に高い研究ができます。

プロフィール
川又 正智(かわまた まさのり)
1971年
北海道札幌市生まれ
1995年3月
国士舘大学文学部史学地理学科東洋史学専攻卒
1997年3月
北海道大学大学院文学研究科東洋史学専攻修士課程修了
2003年3月
北海道大学大学院文学研究科東洋史学専攻博士後期課程修了、博士(文学)
2005年4月
国士舘大学文学部専任講師、以後、准教授を経て現在に至る
趣味は、映画鑑賞、日帰り温泉めぐり、「青春18きっぷ」を使った普通電車のんびり旅行

文学部の情報を探す

スポ魂 国士舘大学公式スポーツサイト

成績優秀奨学生制度

学部生の方へ

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2016年09月08日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
文学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ