学部概要

文学部の歴史

古文書の解読をする学生初等教育音楽会の様子古文書の解読をする学生
初等教育音楽会の様子

文学部の創設は1966年です。スタートは3学科7専攻で、カリキュラムに大きな特徴がみられます。創設時は「剣道」、「柔道」、「国語」、「漢文」に大きな時間がさかれています。
その後1967年に、「国史学専攻」に「考古学コース」、そして1969年に「初等教育専攻」が増設されて、現在の3学科8専攻の体制になります。
2004年には「国史学専攻」が「考古・日本史学専攻」、「地理学専攻」が「地理・環境専攻」、「中国文学専攻」が「中国語・中国文学専攻」、「国語国文学専攻」が「日本文学・文化専攻」と名称の変更が行われています。
その間カリキュラムは幾度となく改善を重ね、卒業単位も138単位でスタートしましたが、1967年には卒業論文が8単位となり、計142単位になります。その後、1991年の大学設置基準の大綱化に伴い1996年から現在の124単位に減少されました。しかし卒業論文を大切にする文学部では、創設当初と同じく8単位としています。

年表

● 1965(昭和40)年9月
文学部・法学部設置の認可を申請する
● 1965(昭和40)年12月
私立大学審議会が、文学部・法学部の設置に関して実地視察を行う
● 1966(昭和41)年1月
文学部の設置が認可される(教育学科・文学科・史学地理学科)
文学部校舎が落成する(世田谷校舎10号館)
● 1966(昭和41)年3月
教員免許状授与の資格が認定される(国語・社会・保健体育・書道)
● 1966(昭和41)年4月
文学部・法学部が開設される(文学部代表は宇野哲人教授)鶴川校地に分校を開設する(政経学部I部・文学部・法学部の一般教育関係)
● 1967(昭和42)年4月
史学地理学科国史学専攻に考古学コースが設置される
● 1968(昭和43)年1月
世田谷校地に松蔭寮(男子)が完成
● 1968(昭和43)年3月
文学部三年編入学生の漢学専攻3人、国語国文学専攻7人が卒業する(文学部最初の卒業生)
● 1968(昭和43)年4月
国士舘大学人文学会、および國士舘大学漢學會が発足
● 1969(昭和44)年2月
教員免許状授与の資格が認定される(小学校教諭1級・幼稚園教諭1級)
● 1969(昭和44)年3月
『人文学会紀要』創刊
聴講生に対して教員免許状授与の資格が認定される(小学校、中学校、幼稚園各1級)
● 1969(昭和44)年4月
文学部教育学科、初等教育専攻が増設される(定員20名)また、教育学専攻・倫理学専攻の入学定員を変更する(各30人→20人)
● 1973(昭和48)年1月
柴田德次郎が逝去し、柴田梵天が理事長に就任する
● 1973(昭和48)年12月
国士舘大学教員組合が結成される
● 1974(昭和49)年4月
各学部に学部長制度が実施される
文学部長に尾形裕康教授が就任
● 1974(昭和49)年12月
推薦入試制度が導入される
● 1976(昭和51)年3月
初等教育会誌『すくすく』創刊
● 1976(昭和51)年4月
文学部「漢学専攻」を「中国文学専攻」と改称する
文学部長に峯村三郎教授が就任
● 1977(昭和52)年4月
初等教育専攻が鶴川校地へ移転開講
● 1977(昭和52)年10月
國士舘大学漢學會『漢學紀要』創刊
● 1977(昭和52)年11月
「学園祭」を「楓門祭」に改称して開催される(テーマは”伝統と創造”)
「鶴川祭」が「鶴川楓門祭」に改称される
● 1978(昭和53)年4月
文学部長に春名好重教授が就任
国士舘大学国文学会が発足する
● 1979(昭和54)年3月
国士舘大学地理学会『国士舘大学地理学会誌』創刊
● 1979(昭和54)年12月
国士舘大学国文学会『国文学論叢』創刊
● 1980(昭和55)年4月
文学部長に春名好重教授が就任
● 1982(昭和57)年4月
文学部長に西尾邦夫教授が就任
● 1983(昭和58)年4月
国士舘大学教育学会が発足する
● 1983(昭和58)年12月
国士舘大学教育学会『教育学論叢』創刊
● 1984(昭和59)年4月
文学部長に大類純教授が就任
柴田梵天、総長等を辞任し、錦引紳郎理事長(学長等兼任)、清水成之副理事長が就任
● 1985(昭和60)年2月
多賀秋五郎博士が学士院賞を受賞
● 1985(昭和60)年10月
選挙に基づく初めての学長に松島博教授が就任
● 1986(昭和61)年5月
「国士舘将来計画検討委員会」が設置される(委員長は坂井正郎教授)
● 1986(昭和61)年10月
文学部創設二十周年式典が開催される『國士舘大學文學部創設二十周年記念論集』刊行
● 1987(昭和62)年4月
「文学部短中期構想に関する検討委員会」が発足する(委員長は佐々木克衛教授)
● 1988(昭和63)年1月
『国士舘大学文学部 学生・教員意識調査結果報告』作成
● 1988(昭和63)年5月
第一回父母懇談会が開催される
● 1989(平成元)年4月
文学部長に廣野行甫教授が就任
● 1990(平成2)年3月
教育課程について再課程認定される
● 1991(平成3)年12月
文学部臨時定員増が認可される(平成4年度から平成11年度まで)。倫理学専攻10人、国史学専攻20人、東洋史史学専攻10人、地理学専攻20人、中国文学専攻10人、国語国文学専攻20人
● 1992(平成4)年4月
多摩校舎(体育学部)開校
● 1992(平成4)年11月
鶴川メイプルホールが竣工
● 1993(平成5)年3月
『國士舘史學』創刊
● 1993(平成5)年4月
文学部長に山本昌一教授が就任
● 1994(平成6)年2月
大学入試にセンター試験を採用する(初等教育・国史学・地理学・国語国文)
● 1994(平成6)年10月
文学部長に長島弘道教授が就任
● 1995(平成7)年1月
「国士舘自己点検・評価委員会」が発足する(委員長には理事長が就任)
● 1995(平成7)年7月
10号館改修に伴い、教員の研究室が6号館2階に、事務室が8号館1階に移転する
● 1996(平成8)年2月
10号館の改修が修了
● 1996(平成8)年4月
教養部の解体に伴い、文学部に14人の教員が分属される
● 1996(平成8)年10月
文学部創設三十周年記念文庫設立される(鶴川14号館図書室)
● 1996(平成8)年11月
文学部創設三十周年式典が開催される
● 1997(平成9)年3月
『国士舘哲学』創刊
● 1997(平成9)年4月
旧教養部所属教員の文学部専攻配属がきまる
● 1998(平成10)年4月
文学部長に奥野中彦教授が就任西原春夫理事長就任
● 1998(平成10)年6月
鶴川12号館研究室が開設され、情報コンセントが設置される
● 1999(平成11)年2月
鶴川校舎の町名地番が変更される(町田市広袴一丁目1番地1)
● 1999(平成11)年3月
文学部の臨定枠90人確保が承認される
● 1999(平成11)年4月
交換留学生の派遣、受入が開始される
● 1999(平成11)年9月
文学部ホームページが開設される
● 2000(平成12)年2月
大学入試センター試験の全専攻参入を承認する
● 2000(平成12)年3月
『初等教育論集』創刊
● 2000(平成12)年4月
文学部長に阿部昭教授就任
首都圏西部大学単位互換協定導入を承認する
● 2001(平成13)年4月
大学院人文科学研究科修士課程が開設される
● 2001(平成13)年7月
文学部学生による授業評価を実施する
● 2002(平成14)年4月
短期大学教員が文学部専攻に配属される
セメスター制が導入される
● 2002(平成14)年8月
鶴川文学部事務室が9号館1階に移転する
● 2002(平成14)年9月
世田谷文学部事務室が5号館1階に移転する
● 2003(平成15)年4月
大学院人文科学研究科博士課程が開設される
● 2004(平成16)年4月
文学部長に磯辺武雄教授就任
新入生から専攻名称が変更される(考古・日本史学専攻、地理・環境専攻、中国語・中国文学専攻、日本文学・文化専攻)文学部学生が東京教師養成塾入塾
● 2005(平成17)年5月
世田谷・梅ヶ丘キャンパスの整備の基本方針が決定される
● 2005(平成17)年7月
学生による授業評価が全学的に導入される
● 2006(平成18)年4月
文学部長に藤田忠教授就任
● 2006(平成18)年6月
『國士舘東洋史學』創刊
● 2006(平成18)年11月
文学部創設四十周年式典が開催される
『国士舘大学文学部創設四十周年記念誌』刊行
● 2008(平成20)年4月
世田谷キャンパス梅ヶ丘校舎が竣工され、文学部1年・2年次生および初等教育専攻3年・4年次生が移転する
文学部教育学科教育学専攻に、養護教諭課程が認定される
● 2010(平成22)年4月
文学部長に枝村亮一教授就任
● 2011(平成23)年3月
『国士舘人文学』1号(通算43号)発刊(文学部人文学会)
● 2013(平成25)年4月
世田谷キャンパス メイプルセンチュリーホール開設
● 2014(平成26)年4月
文学部長に石橋崇雄教授就任
● 2016(平成28)年4月
文学部長に長谷川均教授就任
文学部創設50周年

文学部の情報を探す

スポ魂 国士舘大学公式スポーツサイト

成績優秀奨学生制度

学部生の方へ

Kaede-i(ポータルサイト)

Office365 webメール

学習支援ツール

NEW

「コクシル~KOKUSHIL~」は国士舘を知る、濃く知るをコンセプトにしたコミュニティーサイト。キャンパスの魅力や学生&卒業生、話題の先生、学食のおすすめメニューに至るまで、見て、読んで、楽しめるコンテンツをタイムリーに配信していくよ!

2017年09月19日更新

NEW

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2017年09月08日更新

1917年に創立した国士舘は2017年で100周年を迎えました。
卒業生、地域の皆さま、在学生、保護者の皆さま、国士舘にかかわるすべての皆さまへ、100年分の「ありがとう」をお伝えする100年祭を開催します。

2017年04月26日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2016年09月08日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

前へ
次へ
文学部の先輩・先生を紹介!

ページの先頭へ