大学院案内

学長メッセージ

戻る

大学院への社会的要請は、学術研究の高度化、優れた研究者や、高度専門職業人の養成、社会人の再学習の機能強化および教育研究を通じた国際貢献です。また大学院で養成される研究者や高度専門職業人には、国際的にも活躍し得る高度な専門的知識・ 能力が求められています。大学院の果たす役割はますます大きく なっています。

本学大学院は、上記の社会のニーズに応えるために、以下に示す特色ある研究科を開設しています。

政治学研究科
政治の理論・歴史・政策学を研究して、社会のあらゆる領域においてリーダーとなる人材の育成。
経済学研究科
経済学の他に財政学の分野にも力を入れ、 経済学の研究者養成および、税務に従事する高度な専門職業人の養成。
経営学研究科
経営科目群と会計科目群のカリキュラムを開講し、経営・会計・財務の高度専門職業人および研究者の養成。
法学研究科
最新の専門的な法知識、交渉能力、法的紛争の予防能力を備えた高度専門職業人および研究者の養成。
総合知的財産法学研究科
知的財産処理を基礎に据えて、経営学領域に、科学技術の領域を横断的に配置した融合型教育を目指し、高度な知的財産の専門サービスを提供できる人材の養成。
工学研究科
<修士課程>
産業界への対応を重視した教育・研究。

<博士課程>
総合的、学際的に取り扱うシステム工学的なアプローチを重視した研究・教育を行っています。
人文科学研究科
人類文明と人間精神全般に関する諸問題に的確に対応することができる、専門的な知識・能力を有する人材の養成。
スポーツ・システム研究科
スポーツに関する諸問題をシステム的に捉え、専門能力を有する学識豊かな研究者の養成と高度職業人の養成。
救急システム研究科
病院前救急医療に関する諸問題をシステム的に捉え、専門能力を有する学識豊かな高度専門職業人の養成。
グローバルアジア研究科
<修士課程>
ビジネスコミュニケーション、国際日本語教育、文化遺産保全の分野の専門的な高度職業人の養成。

<博士課程>
グローバルアジア研究を研究領域としてビジネス・地域研究、文化遺産学研究分野における先端的な研究者の養成。

また社会人の受け入れ体制を強化し、社会人に対するリカレント教育、資格試験のための特別講座、各研究科の科目履修を可能にした単位互換制度等を取り入れるなどの柔軟なカリキュラムを編成しています。併せて高度専門職業人養成に求められる実務経験豊かな教員を配置し、大学院教育の充実強化を図っています。

本学大学院は21世紀の時代の要請に応え、文化の創造と人類の福祉に貢献する有意な人材、高度な研究能力を身につけたプロフェッショナルを養成することを目的として社会に広く学びの場を提供しています。

プロフィール
国士舘大学 学長
佐藤 圭一 さとう・けいいち

略歴

1955年 青森県生まれ。1984年 国士舘大学大学院 政治学研究科博士課程修了、2006年政治学博士(国士舘大学)。
1984年 本学に入職。2002年 政経学部二部教授、2003年 政経学部教授、2012年 大学院政治学研究科長。
同学部政治学科主任を2期(2002年から2003年、2006年から2008年)、同学部教務主任を3期(2003年から2004年、2004年から2005年、2007年から2010年)務める。
2009年から宗教法学会理事、2014年から比較憲法学会理事。専門はアメリカ政治史。

大学院の情報を探す

大学院案内デジタルパンフレット

資料請求

ページの先頭へ