大学ホームページ

グローバルナビゲーション


現在閲覧中のページ

ホーム > 研究科紹介トップ > グローバルアジア研究科


ここから本文です

研究科紹介

グローバルアジア研究科

アジアと世界を対象とするビジネス、地域文化、日本語教育、文化遺産学などが学べる修士課程、博士後期課程同時開設の研究科です。

  • グローバルアジア専攻(修士)

  • グローバルアジア研究専攻(博士)

グローバルアジア研究科修士課程は、グローバル化が進む現代アジア社会で活躍するコミュニケーション能力と現場での実践力を具えた高度専門職業人を養成する「ビジネスコミュニケーション分野」、国際感覚に溢れた日本語教育の専門家を育てる「国際日本語教育分野」、人類共通の文化遺産、世界遺産を保存し、マネージする広域専門家を鍛える「文化遺産学分野」から構成されています。いずれの分野もグローバル状況とローカルな意味をともに踏まえて複雑な現代世界に領野を切り拓く実践的人材養成を目指します。なお、ビジネスコミュニケーション分野には学部、修士一貫の5年制コース(グローバルアジアプログラム)があります。同博士後期課程には、ビジネス・地域研究分野と、文化遺産学研究分野があり、経済学、経営学、歴史学、国際関係論、文化研究、先史学、考古学、保存科学、文化政策論といったさまざまな分野で創造的な研究を推進する専門研究者を養成します。

研究科長挨拶

グローバルアジア研究科長、小口和美よりご挨拶を申し上げます。

研究科概要

研究科の特長、研究指導内容や取得可能な学位・資格などについて説明します。

教育研究上の目的・方針

研究科における教育研究上の目的と方針に関する資料を掲載しています。

カリキュラム・時間割

各課程の開講しているカリキュラムを掲載しています。

教員紹介

研究科に所属する教員の情報を検索・閲覧いただくことができます。