ご挨拶

法学研究科は社会の要請に応えて、学部教育で学んだ基礎の上に、より高度の法理論および実務理論を教授・研究し、高度職業人を養成することを目標としています。基幹科目である憲法、民事法、刑法については、基本理論を中心に実務的視点で検討を深めます。また、税法など応用実務的科目については、法原理的側面からの検討を深めていきます。ことに、税務、登記、財産管理、教育・少年問題その他の法的仕事に従事している職業人については、社会人学生として広く受け入れ、法理論的な事務処理能力を身につけるよう指導します。

プロフィール
森田 悦史 法学研究科
研究科長
森田 悦史 もりた・よしふみ
1991年
専修大学 法学研究科
1995年
日本大学 生産工学研究科
法学修士(学位取得)
工学修士(学位取得)
2004年
国士舘大学 法学部 法律学科 助教授
2005年
国士舘大学 法学部 法律学科 教授
2011年
国士舘大学大学院 法学研究科 法学専攻(博士課程)教授
国士舘大学大学院 法学研究科 法学専攻(修士課程)教授
<所属学会>
  • 日本家族(社会と法)学会
  • 日本法政学会
  • 日本私法学会
  • 比較家族法学会
ご挨拶

この研究科の情報を探す

大学院案内デジタルパンフレット

資料請求

ページの先頭へ