教育・研究活動

図書館からのお知らせ

戻る

2020年05月25日

フリーで利用可能なデータベースもご活用ください

図書館・情報メディアセンターでは、インターネット上で自由に利用できるデータベースのリンク集をホームページ上に公開しています。データベースの作成機関が確かなものは「論文・レポート」への引用も可能ですので、ぜひ、学修および研究にご活用ください。

リンク集入り口(図書館からのお知らせの下にあります)

・リンク集は、「雑誌記事・論文インデックス」「各種データベース・専門情報」「図書館・専門機関リンク」の3つに分かれています。

・各図書館・専門機関についてはそれぞれ休館情報を確認の上ご利用ください。

データベースの利用例

①学術雑誌の論文が見たい。

 →「雑誌記事・論文インデックス」にある「CiNii Articles」や「日本語研究・日本語教育文献データベース」、「赤門マネジメント・レビュー(AMR)」など、本文まで閲覧可能なものもあります。

 

②統計情報を見たい。

 →最近の国の統計はインターネット上で公開されるようになっています。「各種データベース・専門情報」にある「e-Stat」から探してみてください。また、気候変動など自然環境に関するデータは「国立環境研究所 データベース/ツール」で公開されています。

 

③企業情報が見たい

 →「各種データベース・専門情報」にある「EDINET」は金融庁に提出された有価証券報告書などを閲覧することができます。

 

④漢籍資料が読みたい。

 →「各種データベース・専門情報」にある「東方學デジタル圖書館」では原資料のPDFが公開されています。また、「中國哲學書電子化計劃」や「漢籍電子文献資料庫」では翻刻(テキスト化)されたものが公開されています。

 

⑤教育関係の情報や教育実習用の情報を探したい。

 →「各種データベース・専門情報」にある「教育研究情報データベース」では学習指導要領や学習指導案(授業案)を見ることができます。また、「絵本ナビ」では対象年齢やテーマ別に絵本を探すことができます。「図書館・専門機関リンク」にある「東書文庫」の蔵書検索では、物語名などで検索することができ、掲載のある教科書を探すことができます。

 

⑥その他

 →まだβ版での公開であり、図書館・情報メディアセンターのホームページにリンクは貼っていないのですが、国の事業として「ジャパンサーチ(試験版)」が公開されています。23の専門機関および国の省庁の協力の下、70のデータベースを横断検索し、データそのものを見ることができるようになっていますので、こちらもご活用ください。

 URL : https://jpsearch.go.jp/

Kaede-i

Office365 Webメール

教職員専用リンク

NEW

国士舘のスポーツ情報オフィシャルサイトです。駅伝、野球、柔道といったクラブ紹介をはじめ、試合日程や結果など、最新の活動状況を随時配信しています。

2020年08月03日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2020年06月30日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

国士舘大学は2017年に創立100周年を迎えました。創立100周年記念事業サイトでは事業の概要や国士舘のあゆみを紹介しています。

国士舘の広報犬「KOKUSHIBA」の紹介ページです。ぜひ見て欲しいワンっ!

前へ
次へ
国士舘の魅力を紹介します。

ページの先頭へ