文学部の志向"

編集部: 東洋史学専攻では、どんなことを学ぶのしょうか?

 東洋史学専攻は、東洋の歴史を学ぶためにある専攻です。東洋とはいったい何かというと、ごく簡単には中国や朝鮮半島、北アジアや中央アジアといった、日本史や西洋史で扱うところを除いた部分全部、ということになります。ただ、これからはアジアだけではなくヨーロッパをもふくめたユーラシア全域を視野に入れていかなければならないという意識から、今年度からユーラシア学にかんする講義も開設しています。
 日本における東洋学の基礎には、日本人が奈良・平安の昔から培ってきた漢学、つまり中国の歴史や学問についての蓄積があります。そのため東洋のなかでも中国にかんする研究は世界屈指のレヴェルにあり、本場である中国からも留学生がやってくるほどです。国士舘の東洋史学専攻でも、中国の有史時代がはじまる殷から近現代にいたるまで、全時代を専門的かつ網羅的に学べるように、各時代に専門の教員を揃えています。また、日本や中国と古くから密接な関係にある朝鮮半島の歴史も専門の教員について学べるようになっています。日本全国を見わたしてみても、このような大学は非常に珍しいですね。東洋史、とくに中国や朝鮮といった、日本にも大きく影響してきた国々の歴史を学びたいという人には、ぜひおすすめしたい専攻です。

編集部: 東洋史学専攻で学ぶと、どのような力が身に付くのでしょう。

 物事をさまざまな角度から多面的に見て、何が事実であるかを自分自身で考え、見極める力が養えます。東洋史にかぎらず、歴史学はまず史料を読むところから始まりますが、史料にはさまざまな性質があって、製作者に都合が良いように脚色されたり改ざんされたりということも少なくありません。そのため、そうした表面的な虚飾に惑わされずに、真実を見極めていく力が必要になります。
 研究者のなかには、「歴史の研究は、推理小説のトリックを読み解くことに似ている」という人がいます。いろんな証拠を集めて、整合的な論理を推理し、真実を見いだしていく、そうした推理小説とおなじ醍醐味が、歴史研究にもあるということです。歴史には、たとえば東洋史なら三国志、日本史なら幕末や戦国時代に代表されるように、壮大なスケールと魅力的な人物がたくさんつまっています。しかし、みなさんが知っているような歴史上の大事件や英雄たちも、実はなんらかの意図で脚色された姿をしている「虚像」なのかもしれません。さまざまな史料を見て、何が正しいのかを見極め、過去に何があったのか、英雄たちの真の姿とはなんなのか、それを追及していくところに、歴史を学ぶ楽しさがあります。
 こうした物事を見極める力、何が正しいのかを考え、推理していく力というものは、現代社会でも非常に役立つものです。ネットなど各種のメディアが発達した現在では、氾濫する情報におぼれて、何が正しいのか解らなくなり、デマに惑わされることも少なくありません。歴史学をつうじて社会の動きを理解し、さまざまな史料と向き合うことで、多くの情報のなかから何をどう抽出するのか、そこからどうやって真実を見いだしていくのかを学んでいくと、自然とさまざまな角度から物事を多面的に見て、考える力が身についていきます。これは社会人として生きていくうえで、とても大切な力です。

編集部: 歴史を学ぶことは、現代を理解するのにも役立つということですね。

 そうですね。高等学校までの歴史の授業では、教科書に書いてあることを覚えることが主になりますが、大学ではそうではありません。大学で学ぶ歴史では、覚えるよりも理解することが重要です。また、「教科書ですら間違っていることがあるかもしれない」という思いで、いろんな史料を自分自身で調べ、過去に何があったのかを探っていく。そうすると、歴史というものが過去のものではなく、私たちが生きている現代社会につながるものであるということがよくわかります。
 「東洋史を学んで良かったことは何か」という質問を卒業生にしてみると、「今の日中関係がなぜこのようなことになっているのかがわかった」という答が返ってきたことがあります。日中関係だけでなく、たとえば最近ではウクライナ情勢など、ニュースでは連日のようにさまざまな問題が報じられていますが、そうした物事の背景には、往々にして数十年、数百年、ときには一千年以上も前までさかのぼれる原因があるのです。そのため、歴史を知っていると、いま現在世界で起きていることの背景に何があるのか、どうしてこうなったのか、ということがよく分かります。そして、この先どうなっていくのか、どうすれば問題を解決できるのか、そのヒントも、歴史のなかに隠れていることがあるのです。温故知新ということばもあるように、歴史を学ぶことは、けっして過去にだけ目を向けているものではありません。過去を知ることは、現在、そして未来を学ぶことにつながるのです。

編集部: 先生はどの分野を専門に研究なさっているのですか?

 私は現在、中国の戦国時代から秦漢時代にかけての歴史を研究しています。漢字や漢民族というように、現代中国においても重要な「漢」という概念は、いまから2000年以上も昔に誕生した漢帝国に由来するものです。しかし、当然のことながら、漢帝国が成立する以前には、漢という国も民族も存在していませんでした。
 戦国時代までの中国にはさまざまな国が乱立していて、それが秦の始皇帝によってはじめて統一されます。しかしこの統一は時期尚早で、すぐに反乱が起き、秦は滅亡する。そのとき人びとは、一旦は戦国時代のように諸国に分裂した状態に戻ろうとするのですが、陳勝や項羽、劉邦らを中心とする争いがくり広げられた結果、ふたたび統一国家が生みだされます。それが漢です。分裂状態に戻ろうとする流れを振り切り、ひとつの国家にまとまることができたのは何故か。そのとき人びとは何を拠り所に、何を核として、ひとつにまとまろうとしたのか。今はそれが知りたくて、研究をしています。古代帝国というものは世界各地に存在していましたが、なぜそのような巨大帝国が生まれたのか、その背景にある人間の意識や性質に地域を越えて共通する点はあるのか、中国だけにとどまらずに、考えていきたいですね。

編集部: 先生は、そもそもなぜ東洋史の研究をしようとお考えになったのですか?

 きっかけは中学生のときでした。もともと私にとって歴史というものは暗記科目でしかなく、大嫌いなものだったのですが、物語は好きで、本はよく読んでいました。そんななか、中学生のときにたまたま中国の歴史や神話をもとにした小説を手に取ったんです。でも、それは中国について何も知らない中学生が読むにはあまりに難しい本で、さっぱり理解ができませんでした。そこで、分からないところを自分で調べながら読んでいくうちに、いつの間にか中国古代の世界観にはまっていたんです。
 すこし前の世代の話になるのですが、エジプト考古学がご専門の先生によると、その先生のもとに学びに来る学生には、女子なら漫画の『王家の紋章』、男子なら映画の『インディ・ジョーンズ』に憧れて来たという人が多かったそうです。国士舘の東洋史学専攻のなかにも、現在連載中の『キングダム』や『三国志』のゲームがきっかけで歴史に興味をもったという学生がいます。きっかけは何でもいいんです。そこから歴史が好きになり、面白くなり、知りたくなり、学びたくなる。東洋史学専攻にはそういう学生がたくさんいます。そして、もとをたどれば、私もそのひとりなわけです。

編集部: 中国の復旦大学に留学されていたとうかがいましたが……。

 はい、私は中国の上海にある復旦大学に一年ほど留学していました。といっても、学会やら調査旅行やらで毎月どこかに出かけていましたので、大学のキャンパスにはあまりいなかったんですけどね。復旦大学の先生には、私ひとりではとてもできなかっただろう調査の段取りもつけていただいたりして、とてもお世話になりました。
 調査旅行では主に博物館に行って出土品を見たり遺跡を見て回ったりしていたのですが、実際に見てまわると、史料を読むだけでは分からなかったことが分かってきました。まさに百聞は一見にしかずで、移動中の列車のなかですら、そうした発見の連続だったんです。たとえば、古くから「険隘の地」と呼ばれ、軍隊が通ることは不可能だと言われてきた場所があるのですが、地図のうえでは標高もそう高くはない山々が列なっているだけにしか見えなくて、いまひとつイメージがついていませんでした。ですが、あるとき偶然その近くを列車で通ったとき、一目でそこが、とても人馬の通れるような場所ではないということが分かったんです。車窓の向こうには、日本では想像もつかないような山肌をした山々が、こちらに覆いかぶさってくるようにそびえ立っていて、中国古代の人びとがその山に抱いていた畏怖の念を、実感として理解することができました。
 おなじことは中国の現代社会にもいえて、たとえば私の住んでいた上海では20代のOLが颯爽と外車を乗り回しているのに、ちょっと地方の農村に行くと、トラクターではなく牛が畑を耕していたりするんです。都市と農村の格差については留学前から耳にしてはいましたが、実際に自分の目でそれを見ると見ないとでは大違いでした。「知識として知っている」と「理解している」とは違うんだ、ということを、さまざまな場面で痛感した一年でしたね。
 こうした経験もあって、留学を経た今では現代中国にも強い関心を持っています。異国で生活をするということはそういうことなのかもしれませんが、日本という小さな島国で生きているだけでは想像もつかない世界がそこには広がっていて、その奥深さに、恐れを抱きつつも惹かれるんです。

編集部: 普段の授業では、どのようなことを教えているのですか?

 私が担当しているのは、1年生向けの「東洋史概説」と2年生向けの「東洋史史料講読」、それに3・4年生向けの「東洋史特講」と、3・4年生それぞれのゼミです。ゼミでは史料を読みこなす技術を身につけることを中心に授業をしていますが、ただ史料を読んでいくだけではありません。たとえば3年生のゼミでは『史記』の呂后本紀を読んでいるのですが、同じ内容の記述が別のかたちで『漢書』にも記されているので、同時に『漢書』との比較も行なっています。そうすることで、それぞれの史料のもつ性格や当時の状況がよりよく分かるんです。
 『史記』と『漢書』は、それぞれが「正式な歴史」を記したものとして認められた、権威ある歴史書です。しかし、作られた背景が異なるために、おなじ人物やおなじ事件について述べていても、内容が食い違っていることがあります。さきほど史料には製作者に都合が良いように書かれているものが少なくないと言いましたが、歴史書はその最たるものといえますね。どういう理由で、どういう目的で書かれたものなのか。それが違えば、おなじ物事について書いてあっても、おなじ記述にはならないのです。「そこに注意しながら読まないと、真実は見えてこないよ」と学生にはよく言っています。
 東洋史学専攻では、1・2年生のうちに基礎を身につけ、3・4年生から専門的に学んでいくことになります。史料の読み方ひとつとってみても、1・2年生では文法を中心に学びますが、3年生でゼミに配属されたあとは、たとえば史料上に出てくる地名もひとつひとつ地図で確認しながら読んでいくように、「学びの深さ」が変わります。最初はそうした作業を面倒くさがる学生も少なくはないのですが、細部に目を向けることで、より具体的に当時の状況が理解できるようになるんです。そうしたときに、「あ、そういうことなのか」と目を輝かせてくれるのが、教える側としても嬉しいですね。

編集部: 学外研修にも行かれていますね。そこでは何をやるのですか?

 はい、年に数回、キャンパスを出て、研修に出かけます。春の研修では日帰りのできる博物館に、秋の研修では泊まりがけで遠方の博物館や施設を訪れます。去年は春に東京国立博物館、秋には京都・奈良に行って、仏教文化を中心とする文化財を見て回ったり、現在発掘が進んでいる平城宮跡や、中国古代の青銅器を集めた泉屋博古館を見学したりしました。
 今年の秋には、名古屋の徳川美術館と蓬左文庫を訪れて、そこにしかない貴重な史料を見たり、聞香を体験したり、火縄銃や日本刀のレプリカを使って解体・組み立てや打ち方の手順などを学んだりする予定です。火縄銃や日本刀、それに聞香というと、東洋史ではなく日本史では?と思う人もいるかもしれませんが、実は東洋史とも関わりのあるものなんですよ。そういう知識も学びながら、実際にモノを見たり体験したりするのが、学外研修の醍醐味ですね。
 春の研修は基本的に1年生をメインに、秋の研修は2・3・4年生をメインに行なっていますが、それとは別に、冬には4年生を対象とした合宿も行なっています。このときには山梨の大門碑林公園に行って、中国で有名な碑石のレプリカをもとに、拓本をとる実習をするんです。寒空のなかでやるので、最初は学生のテンションも低めなんですが、やっているうちにだんだんと熱中してくるみたいで、私も一緒になってはしゃいでいます。
 ときには文献を離れ、実物を見にいったり体験したりしてみるのも、学びを深めるには大切なことです。そうした思いもあって、学外研修ではなかなか普通はできない体験ができるようにしています。

編集部: 東洋史の学びをつうじて、どんな人材を育てようとお考えですか?

 ひとつは、情報に惑わされず、多面的に物事を見て、真実を追及していくことのできる人材です。インターネットの情報やメディアのニュースを鵜呑みにせず、先入観をもたずに、いろいろな角度から情報を集めて、論理的に考えた末に、自分自身の考えをもつことができる。そういう人物になって欲しいと思います。
 そしてもうひとつは、「好き」を極めた豊かな心の持ち主です。大学で学んだ東洋史の専門的な知識を生かせる職業というと、中学校や高等学校の社会科教員が挙げられます。東洋史学専攻のなかには、「歴史を専門的に学んだうえで社会科の教員になりたい」という理由でこの専攻を選んだ学生もいますが、「単に歴史が好きだから」という理由でこの専攻を選んだ学生も少なくありません。「何に役立つか」ということではなく、純粋に好きなこと、興味のあることを追及していく。それはとても素晴らしく、贅沢なことです。そして、そこから生まれる深い学びが、人としての教養を培い、思考を養い、豊かな人間性を築いていくのだと思います。
 大学は、「そこで学ぶことで何かの役に立てる」という場所であるだけでなく、「そこでしか学べないことがある」という場所でもあります。自分自身の「好き」を極めることは、なかなかできることではありません。歴史が好きで、東洋史に興味がある人は、ぜひここでしか学べないことを一緒に学んでいきましょう。社会に出て活躍できる人材とは、自分自身の「好き」を極めた人。私は、そう考えています。

太田 麻衣子(おおた まいこ)講師プロフィール

●京都大学 大学院 文学研究科修了 文学博士
●専門/中国古代史

掲載情報は、
2014年のものです。