書籍・AV・パソコン・学習スペースetc.
知と情報が集まる未来型図書館。

書籍・AV・パソコン・学習スペースetc.
知と情報が集まる未来型図書館。

  • この記事を共有する
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

世田谷・町田・多摩キャンパスそれぞれに特色ある自慢の図書館・情報メディアセンターは、蔵書数85万冊を誇り、充実のデジタルコンテンツやコンピューター端末・多目的に使えるスペースなどを設え、日々の学習をサポートしています。

<中央図書館・情報メディアセンター>
世田谷キャンパスにある中央図書館には、さまざまなジャンルの資料が揃っています。町田・多摩キャンパスの図書館と連携した資料の貸出しも行っています。大型スクリーンを設えた部屋では、講演会・上映会などを開催しています。また、学生が自由に使えるコンピューター端末も260台以上設置。地下1階には大きな多目的ホールがあり、オープンキャンパスの説明会やイベントなど、さまざまな催しが実施されます。

<鶴川図書館・情報メディアセンター>
町田キャンパスのメイプルホール2階〜4階をしめる図書館。窓の外に広がる緑豊かな環境のよさもさることながら、特筆すべきは2015年秋にオープンしたラーニングコモンズです。フリーエリアでは、電子黒板やプロジェクターを使った授業やグループワークなどが可能で、プレゼンテーションやディスカッションに最適な個室も設置されており、だれでも自由に利用できます。

<多摩図書館・情報メディアセンター>
体育学部が集まるキャンパスなので運動に関する専門書が充実しており、スポーツ科学の最先端の資料が揃っています。2016年4月には鶴川図書館でも好評のラーニングコモンズスペースを、多摩図書館にも新設。個人からグループまで、さまざまな利用を想定したフレキシブルな施設となっています。壁面ホワイトボードやプロジェクターも常設され、従来の図書館利用の枠を超えた学習サポートの場となっています。

※2016年5月撮影

他のキャンパスライフも見る

閉じる

ALL ABOUT KOKUSHIKAN

記事を探す