エンジニアの創造力で、
社会に新しい価値を生み出そう。

エンジニアの創造力で、
社会に新しい価値を生み出そう。

  • この記事を共有する
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

理工学部
理工学科 機械工学系


神野誠 教授(JINNO Makoto)


企業での経験を基に、新たな舞台でまた一から始めてみたい。そんな思いで国士舘大学に来て1年目の現在、学生と密に接する毎日に新鮮な喜びを感じています。私は株式会社東芝およびテルモ株式会社の研究開発部門に合わせて31年間所属し、一貫してロボットシステムやメカトロ機器を手がけ、幸せなことに、研究開発にたずさわったロボットが生産工場、医療現場などで実用化されました。このような経験をもつ者として、学生にはまず、「今学んでいるこの知識は社会でこう活かされるんだよ」ということを明確に伝えていきたい。そして、これまでにない新しいものや方法を提案して創り出せる人になってほしいと思います。社会では与えられた仕事を確実にこなすことも重要ですが、エンジニアには「創造力」も必要ですから。創造という意味では私自身も挑戦者。実用化を目指して、これからまた新しいロボット・メカトロニクスの研究に取り組もうと考えています。

※2016年5月撮影

他のインタビューも見る

閉じる

ALL ABOUT KOKUSHIKAN

記事を探す