将来の夢:小学校の先生

子どもの自主性を育む、
先生になりたい。

子どもの自主性を育む、
先生になりたい。

  • この記事を共有する
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

文学部
教育学科 初等教育コース


新沼雄大(NIINUMA Yudai)


東京都私立国士舘高等学校出身

高校時代の進路指導で「小学校の先生になりたい」と担任に相談したところ、「国士舘大学の初等教育は少人数教育で、教員採用率も高い」と勧められ進学を決めました。大学で好きな授業は【教科教育法】です。小学校で行われる授業すべての指導方法を、論理的に学ぶだけでなく実践も行う点が魅力です。指導案作成や模擬授業など、現場で役立つスキルを修得できます。授業を通じ「先生のあるべき姿」も学びました。先生の役割はあくまで、子ども中心の授業をサポートすることや子どもの自主性を育むことが大切だと知りました。僕は課外活動で児童文化研究会に所属しています。小学校でのボランティア活動でもさまざまな発見があります。子どもへの接し方や子どもの考え方、信頼関係の作り方などその活動を通じ学びました。学ぶことはまだまだたくさんありますが、大学の授業はもちろん課外活動なども積極的に行い、先生になる夢を叶えたいです。

※2016年3月撮影

他のインタビューも見る

閉じる

ALL ABOUT KOKUSHIKAN

記事を探す