将来の夢:企業の知的財産関係

ビジネスの要、
知的財産法を学び、
将来に役立てたい。

ビジネスの要、
知的財産法を学び、
将来に役立てたい。

  • この記事を共有する
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

法学部
現代ビジネス法学科


川上春花(KAWAKAMI Haruka)


岐阜県立恵那高等学校出身

「社会で役立ちそう」と漠然としたイメージだった現代ビジネス法学科の印象が変わったのは、入門ゼミで飯田先生から受けた知的財産の授業でした。身近な商品を例にあげ、それにまつわる権利について教えて頂きました。例えば、幼児用の人形で、髪を濡らすと毛の色が変わる商品があるのですが、この色が変わる技術にも特許があると知って驚きました。またデザインに関しては意匠権があることも知りました。一つの商品だけでもたくさんの権利があり、それが法的に守られることでビジネスが成り立つと知り、知的財産に興味がわきました。先生に勧められたこともあり、知的財産管理技能検定に挑戦しています。2年生の時に3級を取得し、現在は2級取得に向け勉強しています。在学中に企業インターンも経験したいと思っています。そしてゆくゆくは企業の知的財産関係の部署に就きたいと考えています。3年生からはゼミも本格的になるので、知的財産についてもっと知識を広げたいと思っています。

※2016年3月撮影

他のインタビューも見る

閉じる

ALL ABOUT KOKUSHIKAN

記事を探す