将来の夢:中学校の理科の先生

生徒の興味を
引き出せるような
教員になりたい。

生徒の興味を
引き出せるような
教員になりたい。

  • この記事を共有する
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

理工学部
理工学科 基礎理学系


清水結実(SHIMIZU Yumi)


埼玉県立和光国際高等学校出身

教員になるのが夢で、中学校の数学と理科、両方の免許が取れる基礎理学系を志望しました。3年次から物理学の研究室に所属し、素粒子について学んでいます。私が物理に興味を持ったきっかけは、中学時代の理科の先生が授業の合間にしてくださった宇宙の話。とても面白く、さらにお話の最後に「もっと宇宙について学びたいなら、物理を勉強した方がいいよ」とおっしゃったことから、苦手な理数系も「頑張ろう」と思えたのです。今思えばそれが、教員という職業に憧れを抱くきっかけにもなったのかもしれません。理数系は、好き嫌いが強く分かれる教科です。だから将来は、宇宙の話をしてくださったこの先生のように、生徒の興味を引き出せるような教員になりたいです。基礎理学系には様々な専門分野を持つ先生がいらっしゃるので、多様な考え方や見方の違いに触れることができます。広い視野を持った教師を目指すことができる場としてふさわしいと、改めて思います。

※2016年6月撮影

他のインタビューも見る

閉じる

ALL ABOUT KOKUSHIKAN

記事を探す