将来の夢:建設コンサルタント

お年寄りと子どもに、
優しい街を
つくりたい。

お年寄りと子どもに、
優しい街を
つくりたい。

  • この記事を共有する
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

理工学部
理工学科 まちづくり学系


村松萌生(MURAMATSU Moeha)


静岡県立浜松西高等学校出身

私は将来、公園や広場など人が集まり心地よく過ごせる空間づくりに携わりたいと思っています。日本の公園は狭くて、広場も少ない。ヨーロッパなどは、教会の前がゆったりとした広場になっていることも多く、日本もそういった空間作りを街に取り入れられたらと思うのです。特に高齢者や小さな子どもが安心して過ごし、一緒に遊べる場をつくるのが夢です。自分がデザインした場所にたくさんの人が集まってくれたら、それってステキなことですよね。その夢にいちばん近いのは、建設コンサルタントという仕事だと、大学の学びを通じ知りました。そして今は、大学の先生方に紹介してもらった建設コンサルタントと設計事務所でアルバイトもしています。実際の仕事を目の当たりにして、夢に向かう意欲がますます湧いているところです。授業やゼミは課題も多くたいへんなこともありますが、面倒見のよい先生方に支えていただき、夢に向かってこれからもがんばります。

※2016年3月撮影

他のインタビューも見る

閉じる

ALL ABOUT KOKUSHIKAN

記事を探す