将来の夢:電子音楽や音響に関わる仕事

デジタル表現技術を学んで、
大好きな音楽や音の世界を
ひろげたい。

デジタル表現技術を学んで、
大好きな音楽や音の世界を
ひろげたい。

  • この記事を共有する
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

理工学部
理工学科 電子情報学系


原明里(HARA Akari)


神奈川県立横須賀大津高等学校出身

中学時代、VOCALOID™の曲を初めて聴いたとき、人間のリアルな歌声ではないのにこんなにも生き生きとした世界を創りだせるなんてすごい、と感じて一気にひきこまれました。幼い頃から楽器をやっていたのでもともと音楽は好きでしたが、それからはパソコンや音声合成技術にも興味が広がり、大学もその延長で国士舘大学理工学部の電子情報学系を選択。高校までは授業でパソコンをさわる程度だったので、大学の学びについていけるか最初は不安もありましたが、ものづくりの実習でコンピュータの組み立てを体験したり情報関連の授業を受けたりするうちに、だんだん慣れて基礎知識も身に付きました。少し前にインターネット放送の実習を行うゼミを見学し、そこで先輩たちが本物さながらの番組を制作する様子を見て音響効果にも興味が出てきたので、今後は音響をメインに学びたい。そして将来、電子音楽や音響効果の仕事にたずさわることができればと思っています。

※2016年6月撮影

他のインタビューも見る

閉じる

ALL ABOUT KOKUSHIKAN

記事を探す