将来の夢:こどもの輝きを引き出す先生

小・中・高校の
教員免許取得で、
将来の可能性を広げたい。

小・中・高校の
教員免許取得で、
将来の可能性を広げたい。

  • この記事を共有する
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

体育学部
こどもスポーツ教育学科


奈良輪翔(NARAWA Tsubasa)


東京都立石神井高等学校出身

東京教師養成塾の入塾試験に合格し、その一環で4月から渋谷区の小学校で週1回実地研修をしています。これは東京都の小学校教員を目指す学生を対象に、1年間、学校現場での指導訓練と月2回の講座を受講できる制度で、国士舘大学は提携大学に認定されています。現役の先生方と一緒に子どもたちを指導することは、将来に活きるとても貴重な経験だと実感しています。また教える楽しさ、子どもたちの成長に関われる歓びも知り、意欲もますます湧いています。小学校の先生は全教科を教えるため、子どもとの関わりが密接です。一人ひとりをしっかり見守りながら、勉強が得意、音楽が得意、絵が得意といったそれぞれの個性を伸ばせる先生になりたいです。国士舘大学のこどもスポーツ教育学科では、小学校教員のほか、中高の保健体育の教員免許も取得できます。現在、公立校でも小中一貫校が増えているので両方の免許を取得し、将来に役立てたいです。

※2016年5月撮影

他のインタビューも見る

閉じる

ALL ABOUT KOKUSHIKAN

記事を探す