将来の夢:プロサッカー選手

自分の選択に迷いはない。
サッカー選手という
未来に賭けてみる。

自分の選択に迷いはない。
サッカー選手という
未来に賭けてみる。

  • この記事を共有する
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

体育学部
スポーツ医科学科


松本孝平(MATSUMOTO Kohei)


神奈川県立藤沢清流高等学校出身

卒業後はプロサッカー選手として生きていく。そうはっきり決めたのは大学3年の夏です。それまでは救急救命士の資格をもつ消防士を目指していて、サッカーは小学校から続けてはいたものの、大学入学当初は部活には入らず、地元の友人とクラブチームを作ってプレーしていました。でも、しばらく経つと物足りなさを感じてきて、1年次の11月にサッカー部に入部。初めは部で一番下のチームにいましたが、3年次にはトップチーム入りを果たすことができました。そして2015年の関東大学リーグで得点王になったことで、幼い頃から思い描いていたサッカー選手という未来に賭けてみたいと思ったんです。部活と並行して、救急救命士の国家試験の勉強も続けています。サッカーの選手生命は長くはありませんから、現役引退後は救急救命士として人の役に立つ仕事をしたい。自分の選んだ道を信じて、これからも進んでいきます。

来期(2017年)より名古屋グランパスに加入内定!

※2016年6月撮影

他のインタビューも見る

閉じる

ALL ABOUT KOKUSHIKAN

記事を探す