「このまちが好き」
暮らす人がそう思えるまちを
一緒につくりましょう。

「このまちが好き」
暮らす人がそう思えるまちを
一緒につくりましょう。

  • この記事を共有する
  • Facebook
  • Twitter
  • LINE

理工学部
理工学科 まちづくり学系


二井昭佳 准教授(NII Akiyoshi)


『まちづくり』ってどんなことをすると思いますか?壮大なイメージでしょうか。実際は今の日本では、まっさらな土地に新しくまちをつくる大プロジェクトはほとんどなく、たとえば「若者が住みたくなるまちにしたい」「子育てしやすいまちにしたい」「お年寄りや子どもに優しいまちにしたい」といった地域が抱える課題を、その土地の魅力を引き出しながら解決するのがメインです。居場所となる広場や歩きたくなる道をデザインするなど、限られた条件の中、まち全体に最大限の効果をもたらす一手を考えるんです。まちが好きな人はもちろん歴史や社会、もっというと人が好きという人にとっても、まちづくりは面白い分野だと思います。鉄道や防災に関心がある人も興味深く学べるでしょう。どんな場所にもそこに暮らす人がいて、工夫をしながら暮らしは続いていきます。その暮らしを快適に、幸せにする醍醐味を学生たちにも感じてほしい。そしてまちづくりに夢中になれる仲間を、ひとりでも多く世の中に送り出したいと思っています。

※2016年5月撮影

他のインタビューも見る

閉じる

ALL ABOUT KOKUSHIKAN

記事を探す