夢をあきらめない 国士舘大学

会員登録

資料請求

本物の遺跡で発掘調査に参加。貴重な経験に感動です!

文学部 史学地理学科 考古・日本史学コース

桑原康成(KUWAHARA Kousei)

新潟県立六日町高等学校出身

将来の夢 中学校の社会の先生

夏休みと春休みの年2回、栃木県那珂川町で考古学実習をしています。ここは、国指定の遺跡がいくつも発見されている歴史上重要な場所。廃校になった小学校で合宿しながら約3週間、本物の遺跡を調査します。希望者は1年生から参加でき、僕はこの実習があるから国士舘大学に入学を決めたのです。初めて現場に出た時はあまりに本格的で「本当に学生がやっていいの?」と驚きました。1年生の春には、貴重な土器の発見に立ち会うこともでき、現場では興奮のあまり歓声があがったことを覚えています。実習がない時期は、出土品の記録や管理を行っています。資料が置いてある考古学研究室にはいつも仲間がいっぱい。合宿で寝食を共にしていることもあり、これまででいちばん深い付き合いをしています。将来を考えるのは大事ですが、大学で学ぶからには、興味のあることに没頭するほうが充実するはずです。学生時代にしかできない経験と一生の友人に出会え、考古学を選んで本当によかったと思います。

※2018年1月撮影

新潟県立六日町高等学校出身 桑原康成

関連タグ
#学生
#史学地理学科

おすすめ記事

一覧はこちら