夢をあきらめない 国士舘大学

会員登録

資料請求

将来を見据え、学生一人ひとりに向き合う『キャリア形成支援センター』

目的を持って4年間過ごせるように。
自分で気づき、自身を導ける力を育む。

最近では、大学に入ることが目的となってしまい、将来の目標がなかなか決まらないという学生も増えています。一方、国士舘大学には警察官や消防官など、目的意識を持って入学する学生も多くいます。そして実際、多数の先輩がその夢を叶えています。入学後の目標がしっかり定まっている学生は、すべきことがわかっているため、大学での過ごし方が違ってきます。キャリア形成支援センターでは、大学生・大学院生に対し、入学後の目的をしっかり持てるよう支援を行っています。さらには、将来に備え職業意識を持つ大切さも伝えています。なんとなく「警察官になりたい」という人と、「制服を着て交番前に立ち、犯罪の抑止力になりたい」という志望動機があるのとでは、目標に向かう力も違ってくるのです。

仕事や企業の情報を知る、現場を見る。
職業意識を持つことの大切さ。

キャリア形成支援センターのゴールは、学生を就職させることではありません。専門のキャリアカウンセラーによるカウンセリングを通じ、学生としっかり向きあい個々の適性などもアドバイスしています。時には本人も気付いていない自身の強みを発見させることもあります。例えば「大手企業で事務職に就きたい」という学生に、「なぜ事務職がいいのか」「事務職が合っているのか」と、根本から考えさせる。すると、就職を単にイメージだけで捉えている自分に気づくのです。対話する中で「友達を美味しいお店に連れて行き、喜んでもらえると嬉しい」とわかり、「それは営業の仕事では?」と可能性を示していく。結果その学生は営業職に就き長いこと頑張っています。このような個別のカウンセリングと合わせて、全体への導入として合同企業説明会や業界説明会も定期的に開催しています。

1年次と3年次に配布する
Working Gearを活用しよう!

将来の目標は早い段階で決まっているほうが、4年間の学生生活の充実度も変わります。そこで、キャリアデザインのヒントが詰まったガイド「Working Gear Jr.」を1年次に全学生に配布しています。目標設定のアドバイスや先輩たちのキャンパスライフがわかるインタビュー記事は、自身の4年間の計画づくりに大いに参考になるはずです。また、3年次にはより就職活動に寄り添った内容の「Working Gear」を配布しています。キャリア形成支援センターが主催する学内合同企業説明会や業界研究フェア、就職合宿セミナーなどの情報も載っているのでぜひ役立ててください。キャリア形成支援センターは、学生のみなさんが4年間充実して大学生活を送れるようサポートすると同時に、将来についての悩みなどなんでも相談に乗っています。ぜひ積極的に活用してください。

キャリア形成支援センターについて、さらに詳しく知りたい方はこちらから。

関連タグ
#キャリア

おすすめ記事

  • キャリア・就職

    公務員・警察・消防を目指す学生必見!『公務員向け採用試験対策講座』

    動画を再生
  • キャリア・就職

    PBL「課題解決型学習」に挑戦!学部横断で企業とコラボ!

    詳細ページへ
  • キャリア・就職

    夢を仕事に。卒業後のキャリア形成に向けて。就職支援プログラム

    詳細ページへ
  • キャリア・就職

    約200社の人事担当者が会場に!国士舘生限定!業界研究フェア開催

    動画を再生

一覧はこちら