入試情報

関東圏を中心に12試験会場で実施。
1回の試験で複数学部の併願が可能!

併願可能

中期入学試験は、水戸・高崎・大宮・柏・津田沼・池袋・世田谷・立川・横浜・小田原・静岡・新潟の12会場で実施する予定です。
前期入試や後期入試などと異なり、1回の試験で複数学部の併願が可能です。

中期入試
出願期間 試験日 合格発表日 入学手続日
インターネット受付

平成30年

2/6

2/15

23:59まで

平成30年

2/20

 

 

 

平成30年

2/28

 

 

 

一括手続完了日

平成30年

3/6

郵送消印有効

※検定料納入期限は、インターネット出願登録をされた日の翌々日(最終日に登録した場合は翌日)。出願書類については、入学試験当日の試験開始40分前までに会場へ持参

● 実施学部
全学部
● 試験会場
● 入学検定料
1受験は35,000円。2受験以上は40,000円
募集人員(名)
学部 学科等 募集人員
政経学部 政治行政学科 10
経済学科 15
体育学部 体育学科 15
武道学科 2
スポーツ医科学科 5
こどもスポーツ教育学科 5
理工学部 理工学科 機械工学系 20
電子情報学系
建築学系
まちづくり学系
健康医工学系
基礎理学系
法学部 法律学科 6
現代ビジネス法学科 6
文学部 教育学科 教育学コース 4
初等教育コース
史学地理学科 考古・日本史学コース 7
地理・環境コース
文学科 日本文学・文化コース 4
21世紀アジア学部 21世紀アジア学科 10
経営学部 経営学科 10

次の(1)から(3)のいずれかに該当する者。

(1)高等学校(中等教育学校の後期課程を含む。以下同じ。)を卒業した者および平成30年3月高等学校を卒業見込みの者。
(2)通常の課程による12年の学校教育を修了した者および平成30年3月修了見込みの者。
(3)学校教育法施行規則第150条の規定により高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められる者および平成30年3月31日までにこれに該当する見込みの者。

1.外国において、学校教育における12年の課程を修了した者および平成30年3月31日までに修了見込みの者、またはこれらに準ずる者で文部科学大臣の指定した者。
2.文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程または相当する課程を有する者として認定または指定した在外教育施設の当該課程を修了した者および平成30年3月31日までに修了見込みの者。
3.文部科学大臣の指定した者。
4.高等学校卒業程度認定試験規則により文部科学大臣が行う高等学校卒業程度認定試験に合格した者(含む平成30年3月31日までに合格見込みの者)で、平成30年3月31日までに18歳に達する者。
5.その他本学において、相当の年齢に達し、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者。

※体育学科の出願者は、実技試験(運動適性)のない試験区分もありますが、入学後に体育実技科目の履修が必要となることに留意すること。
※武道学科の出願者は、上記出願資格に加え、武道(柔道、剣道、空手道等)の段位もしくは級位を有していること。

試験科目等

(●:必須科目、○:選択科目)

政経学部 ●英語 コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
○選択 「国語総合(古文・漢文を除く)」、「数学Ⅰ・数学A」のうちから1科目を選択
体育学部 ●英語 コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
○選択 「国語総合(古文・漢文を除く)」、「数学Ⅰ・数学A」のうちから1科目を選択
●書類審査(武道学科のみ) 武道活動調書を出願時提出
理工学部 ●英語 コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
○選択 「国語総合(古文・漢文を除く)」、「数学Ⅰ・数学A」のうちから1科目を選択
法学部 ●英語 コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
○選択 「国語総合(古文・漢文を除く)」、「数学Ⅰ・数学A」のうちから1科目を選択
文学部 ●英語 コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
○選択 国語総合(古文・漢文を除く)、「数学Ⅰ・数学A」のうちから1科目を選択
21世紀アジア学部 ●英語 コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
○選択 「国語総合(古文・漢文を除く)」、「数学Ⅰ・数学A」のうちから1科目を選択
経営学部 ●英語 コミュニケーション英語Ⅰ・Ⅱ、英語表現Ⅰ
○選択 「国語総合(古文・漢文を除く)」、「数学Ⅰ・数学A」のうちから1科目を選択

マークシート方式:全科目

各科目 100点/60分
(体育学部武道学科の書類審査は50点)

  1. 体育学部、理工学部、法学部、文学部、経営学部は受験科目の合計得点によって合否判定を行います。
  2. 21世紀アジア学部は、受験した科目のうち、一番得点の高い科目によって合否判定を行う「トップワン方式」を採ります。また、政経学部は、「トップワン方式」と、合計得点で合否判定を行う「総合評価方式」を併用します。(どちらか一方、または両方に出願できます)
  3. 英語の得点は、指定の英語外部試験結果の換算得点を用いることができます。 試験科目「コミュニケーション英語Ⅰ·Ⅱ、英語表現Ⅰ 」を必ず受験し、換算点と 比べて、高い得点を合否判定に用います。 なお、下表基準スコアを満たす者は、出願時に証明書類(平成30年度入試における資格取得日は平成28年4月1日以降のもの)を提出するとします。
入試制度換算点 中期入試
80点
英語資格・検定試験名 基準スコア
実用英語技能検定試験 2級
TOEFL iBT 42
TOEIC+TOEIC S&W 790
IELTS (Academic) 4.0
GTEC CBT 1000
TEAP 226

※上記試験受験者も、試験当日の「英語」は受験することとします。

政経学部、体育学部(体育学科・武道学科)、理工学部、法学部、文学部(同一学科内)では、第2志望選択制度(無料)があります。

  1. セレクティブタイプとフレキシブルタイプの選択
    受験時にセレクティブタイプ(入学時に学系を指定する)とフレキシブルタイプ(入学時には学系を指定しないで1年次春期終了時(7月)に学系を決定する)のいずれかを選択できます。
  2. フレキシブルタイプで入学した学生の学系決定の方法
    1年次に「理工学の基礎」科目を受講しながら希望学系を絞っていき、本人の希望、「理工学の基礎」科目の履修状況等を考慮して決定します。

BM5年一貫制とは
学士課程(学部)と修士課程(大学院)とを大学入学後5年間の在籍で修了を目指す新しいシステムの教育プログラムです。5年間の在籍で学部の卒業と大学院の修了が可能で、学士号と修士号の両方取得可能です。

※平成30年度入学試験については、必ず「平成30年度(2018年度)入学試験要項」で確認してください。

関連情報

NEW

「コクシル~KOKUSHIL~」は国士舘を知る、濃く知るをコンセプトにしたコミュニティーサイト。キャンパスの魅力や学生&卒業生、話題の先生、学食のおすすめメニューに至るまで、見て、読んで、楽しめるコンテンツをタイムリーに配信していくよ!

2018年02月13日更新

国士舘大学の魅力ある教員・研究者を紹介します!

2018年02月06日更新

国士舘大学の大学案内が、WEB版になって登場です。大学ならではの授業の雰囲気がわかるムービーをはじめ、先生や先輩の紹介、そしてイベントレポートまで。国士舘のリアルがわかるサイトを、ぜひご覧ください。

2018年01月30日更新

学生参加型のフリーマガジン「ウゴパン」。今回の特集は、「挑戦し続ける人生の先輩に聞いてみた!『THE 若者のガチな悩み』」

2017年12月14日更新

国士舘大学のスポーツ情報オフィシャルサイト!

2017年10月30日更新

国士舘の広報犬「KOKUSHIBA」の紹介ページです。ぜひ見て欲しいワンっ!

2017年10月27日更新

国士舘大学は2017年に創立100周年を迎えました。創立100周年事業サイトでは事業の概要や募金についてのお願いについて掲載しています。

2017年04月01日更新

コクシバが大学の様子を写真で紹介するよ。
真冬の箱根を熱風が駆け抜けた!100周年イヤーの「箱根駅伝」。

2017年01月16日更新

前へ
次へ
国士舘の魅力を紹介します。

ページの先頭へ